« どちらが、自分にとって「良い選択肢」なのか。 | トップページ | ・スカイプによる、「スピリチュアル個人レッスン」のご案内 »

2012年2月27日 (月)

見えないことを語るのが、スピリチュアル、ではない。

スピリチュアルというのは、「霊的な」「たましいの」という意味の単語であり、スピリチュアルな考え方、スピリチュアルな生き方、というのは、霊的な価値観を重んじて物事をとらえていく考え方や、生き方を指します。

この「霊的な価値観」の対極にあるのが、「物質的な価値観」です。「この世的、現世的」と言い換えることもできるでしょう。目に見える品物の価値、肩書きや立場やお金など、この世ならではの価値観だけで、物事を計っていくことを表します。

人間とは、肉体を伴った霊的存在です。つまり、私たちも、実は霊なのです。

その、霊である私たちは、この世という物質の世の中で、霊(性)を向上させる学びを自ら望んで行っています。

物質の世界で、物質的価値観によるさまざまな事象を経験し・・・、そんな中でも、自分の霊(性)を向上させていき、自分の中にある霊的な価値観を再認識していく、という、一見まどろっこしい(笑)学びを、あえて行っています。

この世は、物質界ですから、物質的価値観に則った、さまざまな仕組みや考え方があるのは、当然のことです。私たちは、霊である、とはいえ、しかし、同時に肉体という物質も備えている存在ですから、霊的価値観だけで、生きていくことはできませんし、そうするのが望ましい、というわけでもありません。

私たちは、物質界に、学びに来ていて・・・、単に霊として霊を学びたいなら、そのまま霊界にいればいいわけで( ̄m ̄;)、この世にいる、ということは、物質界ならではの学び方を、選んで生まれていることになります。

物質界で、物質的価値観「だけ」にとらわれずに、霊的な価値観を重んじる、というのは、難しさがあります。重りをつけて筋トレをしているようなもので、スムーズにいかずに、負荷があります。

だからこその、学び、なのです。

つまり、この世という物質界で、霊でもあり、しかし肉体という物質も備えている私たち人間にとって、「見える物だけにとらわれない、霊的な価値観を大事にすること」と、そして、「物質や、現実の出来事の中から、霊的な価値観を見出し成長していくこと」が、スピリチュアルな学びであり、考え方であり、生き方である、といえるでしょう。

目に見えることや、現実の出来事はスピリチュアルじゃない、という解釈は正しくありませんし、同様に、目に見えないことならば、それはすべてスピリチュアルな考え方、というわけでもありません。

目には見えないことでも、物質的価値観の欲求から生まれるものはありますし、物質や現実の事象という目に見えることのなかに、大切な霊的価値観の学びが含まれていることもあります。

何をどこまで見出せるかは、その人が、どれだけ霊(性)を備えているか、磨いているか、によるでしょう。

それぞれの、霊としての「格」が、得られるものを決めていきます。霊としての格、とは、イコール人格です。

スピリチュアルな生き方とは、霊としての格、人格を磨いていく生き方である、ともいえるでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« どちらが、自分にとって「良い選択肢」なのか。 | トップページ | ・スカイプによる、「スピリチュアル個人レッスン」のご案内 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どちらが、自分にとって「良い選択肢」なのか。 | トップページ | ・スカイプによる、「スピリチュアル個人レッスン」のご案内 »