« 自分目線が強くなりすぎると、余計なお世話の押しつけになることもある。 | トップページ | 「深める」「極める」ことを習慣化すると、直感の受け皿が作られていく。 »

2012年1月24日 (火)

「感情」と「思考」と「インスピレーション」は、「感性」という同じ装置から発揮される。

感情は、大きく極端なものになると、自分がそれに振りまわされて、消耗してしまうことがあります。しかし、極端になるとバランスが悪い、というのは、感情そのものが悪いのとは違います。

感情が豊かであることは、それだけ感性に深みが在るとも言えるわけで、発揮の仕方がふさわしいか否かは、その感情の「質」と「量」によるでしょう。適切な形で、感情を味わっていくほうが、人生を創造的に生きることができると思います。

しかし、過去に、自分の感情の大きさや不安定さにより、人間関係で失敗したとか、自分が消耗して調子を崩したなどの経験がある場合には、「感情が大きくなると、また同じようなことが起こって、苦しい立場になってしまう」という恐れの気持ちから、感情が出てくることを抑え込む意識が働きます。

誰でも、苦しいことからは、自分を守りたいですから、そういう意識が働くことは、ある意味自然なことと言えます。

しかし、感情を極端に抑え込んでしまうと、人生がとても平坦なものになり、無難ではあるけれども、メリハリやアップダウンがなにもない状態にもなりがちです。なぜなら、そうすると、抑え込まれるのは、感情だけに留まらず、必要な思考や、インスピレーションまでも、一緒に、抑え込まれて、発揮されにくくなるためです。

感情と思考とインスピレーションは、「感性」という、同じ装置を通して創造されていくものです。または、その装置を通して、受け止めるもの、でもあります。

そのため、感情と思考の分かれ目は判断しにくいですし、思考とインスピレーションを分けるのも難しく、ときに、これは自分の考えだろうか、それともインスピレーションといえるだろうかと、悩んでしまったりもするわけです。

「直感を受け止めるために、感情に振りまわされない自分になること」などと、直感が冴えるための状態を、表現することがあります。

それは、感情を抑えることで直感が発揮される・・・というのではなく、「感性の器」は、大きく広げて保ちながらも、器の中身として、感情に占有される比率を下げて、直感が入ってくる余地を確保しておきましょう、という意味であり、この方法は、実は結構難しい、上級編となります。

言葉だけ追えばもっともだと感じるとしても、よくよく考えてみると、「感性の器の広がりは保ちながら、その中身として、感情、思考、直感、その他があるうち、容積を取りがちとなる感情のみをコントロールして抑えていき、直感が入って来る余地をつくりあげる」って、難しいですよね;。

このようなコントロールが上手に出来る人も、もちろんたくさんいます。けれど、それができる感性がある人は、そもそも、「感情とは・・・直感とは・・・」という、仕組みの分析をあまり必要としないものです。すでにそれを感性で理解している人が、コントロールが出来るからです。

つまり、この説明が必要な人とは、現時点で、コントロールがうまく出来ない人、になります(通常、それが普通であり、コントロール出来ないから劣っている、というわけではないです)。

その状態の人にとって、「直感を受け止めるために、感情に振りまわされない自分になる」という取り組み方は、かなり敷居は高く・・・、感情を抑え込んでしまえばそれでいい、と解釈しがちになり、結果、先に書いたような、感情を悪いもののようにとらえて抑え込むことで、それと一緒に思考やインスピレーションも抑え込まれてしまうわけです。

自分を成長させようと取り組む際に、ここで、曲解による迷路に入り込んでしまう方は、少なくありません。

感情に振りまわされることは望ましくないとはいえ、過剰にならない適度に、適切な「質」と「量」で発揮されることは大切です。

そうすることで、「感性」という装置が活性されていき、同じ装置で創造されていく、思考やインスピレーションも、同様に活性されていくようになります。

そして、ある程度のレベルで、感性の装置が確立された状態になれば、そこからは、感性の器の中身を、感情の占める率を(必要があるならば)下げていき、理性的な思考(これは、雑念のことではありません)と、インスピレーションの比率を上げていく、という上級編の取り組み方が、出来るようになっていくでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★12月5日に、雪道で転倒し骨折、救急車で運ばれ、手術をしました。現在は退院しましたが、リハビリ通院中のため、通常のリーディングの受付は休止中です。

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 自分目線が強くなりすぎると、余計なお世話の押しつけになることもある。 | トップページ | 「深める」「極める」ことを習慣化すると、直感の受け皿が作られていく。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ふらりとこの記事に辿り着きました。
自分のことを言われているようで驚きました。
感情のアップダウンに振り回され、苦い思いを経験し、なるべく平坦を心がけていますが、思考とインスピレーションを大切にしたいとも思っておりました。
抑えこみではなく、コントロールできるようになりたいものですね(^^)
追伸
寒い中、リハビリお疲れ様ですm(_ _)m

投稿: ミィ | 2012年1月25日 (水) 16時54分

*ミィさま

感情が心の大部分を占めると、どうしても、それに振りまわされがちになりますので、感情以外の要素を、意図的に育てていくと、バランスがとりやすくなると思います。

投稿: リカコ | 2012年1月26日 (木) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分目線が強くなりすぎると、余計なお世話の押しつけになることもある。 | トップページ | 「深める」「極める」ことを習慣化すると、直感の受け皿が作られていく。 »