« ガイドスピリット(指導霊)の性別について | トップページ | 日常の出来事から学ぶための、意識の向け方。 »

2011年11月 8日 (火)

霊感は、自分の思い通りに、オン/オフの切り替えはできない。

(霊感が強い人は)霊感を、思い通りに、オンにしたり、オフにしたりという切り替えは、できるものなのか、というご質問をいただくことがあります。

あくまで私の感覚でしかありませんが・・・、自分の意図で、多少は、オンやオフが出来ることもありますが、その範囲は、あくまでも「ある程度は、出来ることもある」という、不完全なものであり、完全にコントロールすることはできないと思います。

(このケースは、かなり強い霊感がある、たとえば私のような人、という前提での解釈となります。)

なぜなら、霊感の発揮というのは、とても「受け身的に起こるもの」だと感じられるからです。

見たいと思って見えるものでもなし、見たくないと思って見えないわけでもなく、いくつかの条件がそろったときに、(意図的というよりも、かなり受け身的に)発揮される比率のほうが高いと思います。

霊感がとても強い人が、「霊感のスイッチの切り替えができるようになった」という表現をする場合は、「完全ではないが、ある程度のところまでは、コントロールが出来るようになった」ことを、詳細を端折って、分かりやすい表現をしているのだと思います。

霊感をコントロールして、オン/オフの切り替えはできるか、

この質問への回答は、「ある程度までは、可能になることもある」、となるでしょう。

その理由は、先にも書いたとおり、霊感というのは、受け身的な部分が大きく、自分の意思で能動的にすべてをコントロールできるような性質のものではないからです。

自分の「こうしよう」という意図というのは、オン/オフを切り替える際の、いくつかの必要な条件の「ひとつ」であって、それだけで、すべてをコントロールはできないのです。

自分のコンディションにもよりますし、後押しをする守護霊の意向もあるでしょうし、必要性の高さもあるでしょうし・・・、いくつも条件がそろったときに「オン」となり、発揮されるものなですから、それらの条件すべてを、自分の意図でどうにかすることはできませんからね。

そして、「オフ」にするのは、もっと難しいです。たとえていえば、「体力を付けるために努力をする」ならば、何かしら方法は思い浮かびますが、「体力を付けないように努力をする」のは、何をすればいいのか方法が難しいように;、「○○をしない」工夫というのは、意外と難しいものです。

また、霊的な作用は、とても受け身な要素が大きく、ある程度までしかコントロールできない、と書きましたが、その「ある程度のコントロールに至るまで」でさえも、並大抵ではない努力が必要になるわけで・・・、何とか、感覚をぼやかして過ごせるようになるには、かなりの苦労が伴うもののように思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« ガイドスピリット(指導霊)の性別について | トップページ | 日常の出来事から学ぶための、意識の向け方。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガイドスピリット(指導霊)の性別について | トップページ | 日常の出来事から学ぶための、意識の向け方。 »