« 野菜をたくさん食べよう | トップページ | 胃や腸は、リラックスモードで活動がすすむ。 »

2011年11月 6日 (日)

ガイドスピリット(指導霊)の性別について

指導霊について「女性の自分に、男性の指導霊がつくことはあるのか?(または、その逆)」、というご質問を、いただくことがあります。

指導霊は、自分と関わりのあるグループソウルの中でも、博識な霊が、その役割を担うものです。この世で生きる私たちを教え導くためには、さまざまな知識や洞察力という霊性の高さが必要だからです。

以前にも、取り上げましたが、指導霊になる霊は、霊として進化・向上している存在ですので、今と違って、昔は、誰もが平等の学びの機会を得られたわけではないため、たとえば、農民よりも、武士や武家の奥方などが指導霊となっているケースが、今の私たちには当てはまるのです。

(けれど、現代は、誰もが平等に学ぶことができ、農業を営む方にリーダー的資質を持ち環境問題に取り組んでいるような知識人が増えていることから、これから先の時代は、そういう方達が指導霊になるケースが増えていくだろう、という話が、江原さんの書籍に載っていました。)

この内容と共通する部分があるのですが、女性の権利が向上してきたのはごく近年です。昔は、どの国も封建的でかつ男性社会でもあり、女性と男性が同じように学ぶことができなかった時代もあります。

つまり、日本でいえば武家の人や貴族や宗教家などに知識人が多かった時代があるのと、同じような意味合いで、女性よりも男性のほうに、知識人が多かった時代もあります。

そのため、女性に、男性の指導霊がついている比率は、少なくない、といえるでしょう。

もちろん逆も当てはまり、男性に女性の指導霊がついている場合もありますが、あくまで、私の経験上ですが、「男性に、武家の奥方の指導霊がいる」ケースよりも、「女性に、武士の指導霊がいる」ケースのほうが、ずっと多いと感じます。

また、本来、たましいには性別はありません。

性別というのは、この世を生きている間だけの、限定された一時的なものです。たましいそのものには、そのような区分けはありませんし、あちらの世界では、性別は関係がありません。

指導霊とは、(・・・っていうか、指導霊に限りませんが、霊は)たましいの存在ですから、本来、性別がどちらであろうとあまり関係はないのです。この世で生きていたときの姿で、便宜上、出てきているだけなのでしょうから。

大切なのは、職業でも、性別でもなく、その霊がもつ「霊性」です。

また、守護霊には、生涯変わらない「主護霊」、才能や資質をつかさどり、その時々で入れ替わりのある「指導霊」、「支配霊」「補助霊」、と、役割によってこちらの便宜上の区分けがあります。

江原さんの書籍によると、生涯変わることのない「主護霊」については、女性には女性の霊が、男性には男性の霊、というふうに、性別がそろっていることが多いのだとか。

一般には、スピリチュアルリーディングで、守護霊をお伝えする場合には、このうちの、才能や資質をつかさどっている指導霊をお伝えする場合が多いと思います。こちらは、入れ替わりもありますし、性別も、本人とそろっていないこともあります。

人数?も、複数なので、そのとき必要な霊が、より前面に出てくる、という形だと思われますので、そのときお伝えした内容がすべてではなく、他にもいらっしゃるでしょうし、また、その状態が固定されているわけでもありません。

どんなことにも言えますが、そのすべてを限定された言葉や文章というもので表現し尽くせるものではないので、お伝えできるのは全体のうちの、ほんの一部分、そのときに関わりの深いと思われる、ごくごく限られた要素でしかないのです。

大切なのは、霊の性別や職業ではなく、さらに、自分を差し置いて、守護霊や前世だけを重要視することでもないので、知識として知っておくと、理解が深まることもある、という程度の話で、さほどこだわりを持つ必要はありません。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« 野菜をたくさん食べよう | トップページ | 胃や腸は、リラックスモードで活動がすすむ。 »

07.前世・守護霊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野菜をたくさん食べよう | トップページ | 胃や腸は、リラックスモードで活動がすすむ。 »