« うまくいかない可能性を理解した上で、新しい行動に踏み出せば、迷いから抜けられる。 | トップページ | 「相手の得意分野」と、「自分の苦手分野」を、同列に並べていないか。 »

2011年11月26日 (土)

自分が当事者ではない問題についての、取り組み方。

悩み事や心配事は、自分の考え方や行動による影響で改善や解決ができるものと、そうでないものとがあります。

何でも、一生懸命になれば変えられるわけではありません。自分の努力という働きかけが及ぶ範囲と、そうでない範囲のものがあります。

とても大きな努力をしたとしても、必ずしもその働きかけの結果が、思い通りになるとは限りませんが、少なくとも、何らかの影響を与えられる問題と、そうではない問題とがあるのです。

その違いというのは、悩み事や心配事の当事者が誰なのか、という点です。もっと言えば、「その件の当事者に、自分が含まれているか」、そうでないかの違いです。

たとえば、上司の人間性に悩んでいる、とします。それは、自分の認識の上では「上司の問題」という表現になるかもしれませんが、実際には、「上司個人の問題」ではないので、「上司と自分との、人間関係の問題」になります。

上司と自分の人間関係では、当事者となるのは、上司と自分で、自分も構成要素の半分なので、自分が考え方を変えたり、工夫をしたりすることで、改善をさせることは可能です。相手のあることですから、自分の望むそのままにはならないとしても、多少の影響は与えることはできるでしょう。

しかし、自分の親友が、ご主人との関係がうまくいかずに揉めていて不機嫌になり、ストレスから、自分に八つ当たりをされて辟易している、という場合には、問題の当事者が誰なのか、という点を、間違えないように捉えて行く必要があります。

親友の悩みは、夫婦仲ですから、当事者は「親友とご主人」です。ここには、他人である自分の努力により、改善を図ることはできない領域になります。

自分が当事者となるのは、「親友と自分」という人間関係において、です。つまり、八つ当たりをされて困っている、という二人の関係については、当事者になることができます。この問題には、半分は自分が関係しているので、働きかけにより、改善をはかることもできるでしょう。しかし、親友の心の問題となっている、夫婦仲については、当事者ではない自分の影響は及ばない領域になります。

自分の母親が、義妹との関係で揉めている、という場合も同じです。「自分と、母親」「自分と義妹」の関係においては当事者となれますが、「母親と義妹の人間関係」では、自分は直接の当事者ではありません。

それらの問題に、自分が関わってはいけない、という意味ではありません。それは、近しい関係であれば、便宜を図ることが求められる場合、そうしたほうが望ましい場合はあるでしょう。

けれど、当事者ではない自分が、出来ること、影響を与えられることというのは、自分が当事者であるケースと比較すれば、相当に限られた範囲のものでしかなく、影響の度合いも思うようなものにはならないこともありますし、ときに、よかれと思って手を出したことが、むしろ問題を複雑にしてしまうこともあるかもしれません。

これらのケースの解決のために、関わりをもつならば、それは自分が当事者となる問題と比較すると、相当に上級編・応用編の、取り組み方が難しい問題となってしまいます。

自分に近い間柄の人の悩みを、何とかしてあげたいという思いは尊いものですが、基本、解決や改善のためには、当事者がそうしようとする意欲が大切ですし、当事者が解決や改善を望んでいることが前提です。その前提があって、サポートすることはできても、当事者の役割を丸ごと引き受けることは、実質不可能です。

この違いを、理解しておく必要があります。他人の問題(つまり、当事者が自分ではない問題、という意味であり、身内か否かとか、親しさの度合い等を指しているのではありません)を、自分の問題(自分が、当事者となっている問題)と、同列に扱ってしまうと、どうすれば解決や改善に繋がるのか、まったく見えてこなくなり、悩みが深くなってしまいます。

近い関係の人ほど、距離感が難しく、割り切りができないので、あれもこれも、自分に関わりの深い問題であるかのように、捉えてしまうことがありますが、これらは、分けてかんがえていくことが大切です。

そして、当事者が自分ではないが、という前提をしっかりと認識した上での、サポートとして、関わりを持つ、というスタンスをしっかりと作っていき、「自分が、この件を何とかしなくては」という思い入れから、自分を離していくことも、大切だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« うまくいかない可能性を理解した上で、新しい行動に踏み出せば、迷いから抜けられる。 | トップページ | 「相手の得意分野」と、「自分の苦手分野」を、同列に並べていないか。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

いつも有難うございます☆
まさに、私が今求めていた内容でした。
以前は、主人の仕事上の人間関係を、私がどうにかしてあげないと!という焦りの状態でした。最近は少しづつですが、適度な距離感で見るように努めているところでした。

投稿: | 2011年11月27日 (日) 02時25分

参考になりましたら幸いです。

投稿: リカコ | 2011年11月27日 (日) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うまくいかない可能性を理解した上で、新しい行動に踏み出せば、迷いから抜けられる。 | トップページ | 「相手の得意分野」と、「自分の苦手分野」を、同列に並べていないか。 »