« オーラの浮き上がりと、「記憶」の関係。 | トップページ | うまくいかない可能性を理解した上で、新しい行動に踏み出せば、迷いから抜けられる。 »

2011年11月22日 (火)

分かり合うためには、張り合うのではなく、認め合うことが大切。

ご夫婦仲がうまくいかない、ご主人が自分を理解してくれない、という、奥様からのご相談をいただくことがあります。

そのケースのすべてが該当するわけではありませんが、中には、「奥様が、ご主人と競争をしてしまっている」ことから、溝が作られている場合があります。

性格がしっかりしていて強いタイプの奥様は、ご主人様と分かり合いたいのに、なぜか張り合ってしまい、それが、ますます、理解されない原因となってしまうのです。

張り合ってしまう理由とは、ご主人様を打ち負かしたいのではなく、自分が競争に勝つことで、自分の正当性を認めさせたい、そうすれば、相対的に(自分が勝者になれば、もう一方の相手は敗者となり)ご主人の間違いも、証明されることになるはず、と、思ってしまうためです。

つまり、自分が正しい(競争に勝つ)ことを証明して、相手の間違いを認めさせたい、という気持ちから、張り合ってしまうのです。

けれど、一般に、許容の態度を取る人と、挑戦的な態度の人と、どちらに親しみがわき、分かり合おうとする気持ちが生まれるかといえば、それは前者のほうで・・・、仮に、競争して奥様が勝ったとしても、奥様が望むようなものは、得られないことがほとんどです。

自分の正当性は思ったほどには証明されず、もちろん連動してご主人の間違いも思ったほどには認められず、自分を理解してもらいたい、という根幹の願いも、満たされないままとなります。

ご夫婦間で、分かり合う、というのは、お互いに相手を理解することです。つまり、自分のことを理解して欲しい、という気持ちがあるように、自分もまた、相手のことを理解しようとすることが大切だ、と両面から捉えていき、なされていくものです。

自分の不満を、自分が競争に勝つことで正当化し、負けた相手に認めさせよう、という考え方には、相手を思いやるとか理解するとかの思いやりがなく、自分の主張だけが存在しています。

「自分が正しくて、相手が間違っている、からうまくいかない」、という気持ちは、少なからず誰もが持っているものです。それもまた、お互い様だから、その感情をゼロにしなくても、相手を尊重する気持ちも、持ち合わせていけば、それなりに分かり合うことは可能です。

しかし、張り合って自分が勝つことで、ご主人様に自分を認めてもらおうとする態度は、自分が正しい、あなたはまちがっている、という主張を、前面に掲げて戦っているのと同じですから、分かり合うどころか、むしろ対立を深めてしまいます。

自分を分かってほしいなら、素直になることと、そして、自分もまた、相手を理解して、一方的な理解ではなく、相互の理解、お互いに分かり合う、という関係を目指していくことが大切です。

目的は、お互いの関係をよいものにしてくことであり、張り合って自分が勝利することではありませんよね。

主張が強いタイプ、もしくは、忍耐力があって自分が努力していくパワーを持っているタイプの人は、ほんの少しのボタンの掛け違いで、目的が置き換わってしまうことがありますので、心がけていきましょう。

分かり合うための手段に、張り合って相手を負かす、という方法は、本当にふさわしいのか、と冷静に考えてみれば、本当に自分が求めているものが見えてきて、そのために、もっとふさわしい手段があることが、分かるでしょう。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« オーラの浮き上がりと、「記憶」の関係。 | トップページ | うまくいかない可能性を理解した上で、新しい行動に踏み出せば、迷いから抜けられる。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

9月に一度、仕事のことでメールリーディングをお願いした者です。
毎日更新のブログなのでいつも楽しみに読ませていただいてます。

分かり合うためには、まず相手を認めるということが大事なのですね。
夫婦間のことだけでなく、仕事にもあてはまると思います^^
相手とうまくいかないときは、少し見方を変えてみることですね。

参考になりました。これからも楽しみに読ませていただきます。

投稿: Ishihara | 2011年11月22日 (火) 10時03分

*Ishiharaさま

分かり合うために、まずは相手を認める、ということは、夫婦間だけではなく、その他の人間関係にも、幅広くあてはまりますね。

けれど、仕事の関係というのは、「認める、認めない」「分かり合う、そうでない」という、気持ちの問題よりも、ときに利害関係が優先となる場合もあると思います。

相手のニーズを満たして対価を得るのが仕事のスタイルなので、もちろん、そこにお互いへの思いやりや理解があるのが望ましいですが、どうしても、金銭的なやりとりがつきまとう仕事上の関係に、あまりに、気持ちや感情を持ち込みすぎると、それもまた、人間関係を難しくしてしまう可能性もありますので、

仕事の関係は、いい意味でのクールさがあるほうが、ちょうどよい距離感が保てることも多いのではないでしょうかsun

投稿: リカコ | 2011年11月22日 (火) 11時27分

やりたいことがあるため、家庭よりも自分優先で前に進んでいます。ですが主人には理解してもらえず、地雷がおちてきます。精神的にもダメージを受けつつ、日々をすごしています。張り合うつもりもないし、自然のままに任せています。今日のブログは、私のメッセージのような気がします。ありがとうございます。

投稿: キョロちゃん | 2011年11月22日 (火) 14時39分

*キョロちゃんさま

張り合っていなくても、お互いに分かり合えていない状況があるならば、その関係を改善するために努力をすることも大切ではないでしょうか。あくまで一般論であり、あなた様のご夫婦に、このアドバイスが当てはまるかは、わかりませんが・・・、後悔のないようになさっていかれますように。

投稿: リカコ | 2011年11月22日 (火) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーラの浮き上がりと、「記憶」の関係。 | トップページ | うまくいかない可能性を理解した上で、新しい行動に踏み出せば、迷いから抜けられる。 »