« 長所と短所は、それぞれ何?という考え方。 | トップページ | 動機やプロセスを含めた考え方が大切。 »

2011年10月10日 (月)

自立した人同士の関係が、長続きする。

人間関係がうまくいくようになるには、・・・それは関係が成熟したものになる、長続きするなど、さまざまな意味においてですが、「自立した人同士」による関係です。依存的な人との関係は、うまくいきません。

すべての出来事は、「波長の法則」により、同じ要素を持った人や出来事が引き寄せあって展開していく仕組みになっています。

つまり、依存的な要素のある人には、やはり依存的な相手と縁ができやすいのです。「自分を支えてくれるようなタイプの人と付き合いたい」「自分を引っ張っていってくれるような相手がいい」と思っていても、なかなか、その通りの人と出会えないのは、相手に頼りたい、という気持ち強すぎるため、ともいえるでしょう(つまり、自分が、理想の相手を遠ざけている、ともいえます)。

相手を支える強さや行動力を備えている人は、やはり「波長の法則」により、同じような自立心を持っている相手と、縁ができていきます。自分が依存心いっぱいになっていながら、自立心の強い相手を望むのは、まるで「ざるで水をすくう」ようなミスマッチです。

そういう相手と出会って、親しくなりたいと思うなら、自分自身も、自立心を備えている人間になる必要があります。

逆の立場になって考えてみればわかります。どれほどに行動的で、相手を思いやる気持ちが強い人でも、過剰に依存されれば、「手に負えない、面倒を見きれない」、と思うものではないでしょうか。

「自立した人」と「自立していない(依存心が強い)人」との関係は、長続きしません。自立しているほうが、嫌になって離れていくか、もしくは、自立していないほうが、相手が思い通りになってくれないことに不満を抱えて離れていくか。どちらにしろ、長くはもちません。

依存心が強い人、というのは、相手の身になって考えることが苦手な人、ともいえます。いつも、自分中心の考え方をするので、相手が何かをしてくれるものである、という前提で人間関係をとらえる傾向があります。

しかし、相手にも、当然、要求したいものはあるでしょうし、一方的な関係はバランスが悪く、必ずどこかに負荷がかかります。そういう関係は、最初はよくても、どちらかが(または両方が)不満が募ったときが、終わりのとき、となってしまいます。

素敵な相手と親しくなりたい、お付き合いをしたい、と望むなら、「相手から支えてほしい、支えてくれる人と出会いたい」、などの自分だけが過剰な要求をする考え方から抜け出して、「お互いに支えあって、協力しあえる関係を作りたい」「支えあえる相手と、出会いたい」という、「大人の考え方」をしていくことが大切だと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« 長所と短所は、それぞれ何?という考え方。 | トップページ | 動機やプロセスを含めた考え方が大切。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

ぴょんです(^O^)
私も色々な経験から、自立する事は大事だと思いました。両親の他界、浮気と暴力による離婚、後は周りの友人関係。この三年近くは、依存する方々が集まりましたが、私も自分の弱点を見つけ勉強になりました。転勤はそうゆう方々との、ご縁の切れ目になりそうです。逃げずに頑張ってきました!

投稿: ぴょん | 2012年2月21日 (火) 21時34分

*ぴょんさま

人間関係は、苦労も多いけれども、それ以上に、いろんな学びを与えてくれるものだと思います。

人の縁は、波長の法則で、似た要素を持つ人同士が集まるので、あなたが弱点を学び成長なさった結果、波長が変わってきて、今までの人間関係から抜けて、別のところへいく、転勤、という現象に結びついたのかもしれませんね。

投稿: リカコ | 2012年2月21日 (火) 21時43分

ぴょんです。
早速の御返事を頂き、有り難うございます。リカコ様も、これだけの知識と御言葉があるというのも、リカコ様のお人柄もありますが(≧∇≦)御自身の御経験だと思っております。
どうぞ、無理せずにご自分も御自愛下さいね(;_;)

投稿: ぴょんです。 | 2012年2月21日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長所と短所は、それぞれ何?という考え方。 | トップページ | 動機やプロセスを含めた考え方が大切。 »