« 母親と娘の間によくある、気持ちのすれ違い。 | トップページ | クリエイティブな作業や活動をすることで、霊的な感性が磨かれていく。 »

2011年8月 9日 (火)

改善のための努力をしているのに、後退している気がするときには?

自分を高めるための、努力をしているのに、効果が見られないどころか、むしろ以前よりも後退しているかのように、感じられることがあると思います。

特定の感情が強くなったり、気分の上下の波があったり、調子もすぐれず、人間関係にも、以前にはなかったトラブルがでてくるなど、うまくいかないことが出てくる場合があります。

そうなるときには、主に二つの理由が考えられます。

ひとつは、「改善の対策として、取り入れている方法が合っていない」場合です。そうであれば、方法そのものを、見直すことが必要です。

もうひとつは、「改善までのプロセスとして、一時的に(表面的には)後退しているかのような現象がおこる」場合です。よい状態へ転ずる過程でおこる、一時的な不調和のようなものです。

たとえば、普段運動していない人が、運動を始めたら、慣れるまでは筋肉痛になることも、思うように体が動かないこともあります。しかし、運動の習慣を取り入れて、馴染んでいけば、筋肉がつきますから、多少の負荷は平気になり、より激しい運動をしていけるようになります。

このような、「慣れるまでの、筋肉痛」のような現象が、一時的に起こっているために、自分に合う形で、ふさわしい努力をしているのに、表面的には、後退しているように思えてしまう、のかもしれません。

こちらのほうは、焦らずに、長い目でみていくことと、一部だけを抜き出して、良くなった悪くなった、という限定された判断をすることなく、全体をとらえていく視点を持つことが大切です。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

     ↓ ↓ ↓

Oth_pen50
 
人気ブログランキングへ

|

« 母親と娘の間によくある、気持ちのすれ違い。 | トップページ | クリエイティブな作業や活動をすることで、霊的な感性が磨かれていく。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 母親と娘の間によくある、気持ちのすれ違い。 | トップページ | クリエイティブな作業や活動をすることで、霊的な感性が磨かれていく。 »