« 不愉快さやストレスを感じる相手は、「似ている」か「違いすぎる」か。 | トップページ | 相手に、要求しすぎ、期待しすぎ、になっていないか。 »

2011年8月25日 (木)

ときには、言い争うことも必要。

人間関係にトラブルを抱えている人の多くは、なんとかして、波風がたたないように、穏やかな関係を保っていけるようにと、日々、思案していることでしょう。

対立や争いは消耗しますから、できるならば避けたいと、考えますよね。

お互いに、相手を尊重し合って、理解を示しながら、違いを受け入れその上で、調和が計られていくのが一番望ましいですが、実際には、なかなかそうはならず、どちらかが引くことで一時的なバランスが保たれることはあっても、お互いにとってよい状態になっていくことは、難しいもののようです。

何とか解決をしたい気持ちが強くても、同時に、争いは避けたい気持もあるので、なるべく無難な対応をしておこうと、多くの人が考えると思います。

実際、自分が我慢することで、大人の対応をしていくことが、現時点でのベストな手段、というケースもあるでしょう。

けれど、何でも無難に、対立を避けることだけを心がけていても、同じこと(自分にとって不都合なことや不愉快なこと)が、延々と繰り返されてしまい、まったく改善が見られないならば、ときには、我慢以外の選択もしてみることもいいかもしれません。

違う意見を強く主張すれば、対立したり、ケンカになったりするかもしれない、と思っても、そうすることが、調和のためのプロセスとして必要だ、と思うのならば、ただ我慢し続けて悩むよりも、はっきりと主張してみることも、アリだと思います。

といっても、ケンカをけしかけているのでないですし、そのほうがいいと言っているのでもないですが(そこは、ケースバイケースだと思うので)・・・、受け身になる一方では、その状態が当たり前だとみなされるようになって、ますます、エスカレートしていくことも考えられます。

その際、大切なのは、感情にとらわれずに、冷静さをたもったまま、主張することです。感情を相手にぶつければ、相手も感情で返してきて、逆に、状況が混沌とするだけになります。

怒りや不満から、主張をするのではなく、「仮に対立を生むとしても、お互いにとってベストなプロセスだと思うから、自分は意見をするのだ」という理性を動機として、考えてみるとよいと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

リーディングのお申込みは、こちら→「メール回答」or「スカイプ通話

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

     ↓ ↓ ↓

Oth_pen27
 
人気ブログランキングへ

|

« 不愉快さやストレスを感じる相手は、「似ている」か「違いすぎる」か。 | トップページ | 相手に、要求しすぎ、期待しすぎ、になっていないか。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不愉快さやストレスを感じる相手は、「似ている」か「違いすぎる」か。 | トップページ | 相手に、要求しすぎ、期待しすぎ、になっていないか。 »