« 霊感や直感が冴えるとき。 | トップページ | 波長が下がっているのに、霊感や直感が冴えてしまうことがある。 »

2011年7月27日 (水)

仕事だけが人生のすべてではない。

仕事にかかわる時間は、一日の大部分を占めるため、私たちはつい、「仕事」と「生き方」 を、同じものであるかのように重ねて受け止めてしまうところがあります。

仕事をすることと、生きること(生活すること)には密接な関連があり、切り離すことはできませんが、しかし、私たちは「生きるために、生活の手段として仕事をする」のであり、この二つは、別の要素なのです。

仕事は、生きるうえでの「手段」であり、生きる「目的」は、仕事だけではないはずです。この区分けをきちんとつけておくことが大切です。

仕事でとても悩んでしまう人は、「実際に、仕事がとても大変」である場合と、「仕事以外に、人生の目的や生き方のビジョンがつくられていない」場合とがあります。

後者の場合は、自分が、人生で何を成し遂げたいのか、どう生きていきたいのか、生きることを楽しむ趣味や付き合いなどの、仕事以外の要素が少ないことから、仕事の悩みが強くなります。

そちらの要素が、充実していれば、たとえ、仕事で多少の苦労があろうとも、他のことでバランスがとられていきます。

ところが、楽しみや生き方のビジョンが作られていない場合は、自分の中で、仕事という要素の占める比率が高くなりますから、仕事の悩み(実は、それが、さほど大きなものではない場合でも)が、そのまま、生き方の悩み、人生の悩み、であるかのように、置き換えられてしまうわけです。

人生についての目的意識があいまいになったり、仕事以外の要素が少なすぎたりすると、仕事という、本来は、生きるための手段であるはずのものが、目的にすり替わってしまいます。

仕事は、生きるために必要であり、とても大切なものであるのは確かです。しかし、仕事が、人生のすべて、ではありません。仕事を通して、自己表現をしていく要素もありますが、仕事を通さない自己表現や生き方の部分があってもいいのだし、また、そうしてバランスを取っていくことが望ましいとも思います。

仕事以外に、打ち込めるものや、楽しみを感じられるものを見つけていくことも大切です。

それ以外に、意識を向けられるものがあると、仕事に対する意識の比率が下がります。仕事を一生懸命にやるのが悪い、ということではなく、それが一番の関心事になってしまうと、仮に仕事に不満や心配事が発生してしまうと、生活のすべてが低調になったかのような受け止め方になり、やる気がなくなったり、必要以上に悲観的になり苦しくなる、という状況を招いてしまうことにもなるからです。

仕事以外に、力を注ぐ対象を持っていると、ときに仕事がうまくいかない時期があっても、それはそれ、と割り切って、気持ちを切り替えることもできます。

そのほうが、バランスがとられて、適性な労力の配分がなされるため、仕事も含め、いろんなことが、うまくいくことも多いのです。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

     ↓ ↓ ↓

Pen1_23
  
人気ブログランキングへ

|

« 霊感や直感が冴えるとき。 | トップページ | 波長が下がっているのに、霊感や直感が冴えてしまうことがある。 »

12.仕事」カテゴリの記事

コメント

仕事がすべてではありませんね。たしかに、わかったいても仕事に飲み込まれていきます。
SEをやってますが、実力不足か新技術についていけず、
コミュニケーションもダメダメです。
たかが仕事と、わりきることも必要ですね。

投稿: はる | 2015年3月 9日 (月) 14時40分

はる様

分かっていても、費やす時間が多いですから、切り換えが難しいことも実際ありますよね(^^)。

仕事は人生の一部として、割り切りをもっていきましょう。そのほうがうまくいくケースが多いように思います。

投稿: リカコ | 2015年3月 9日 (月) 19時49分

仕事やってはやめての繰り返し
夢も目標もない
自分で見つけても頑張れないし、
すぐに辞めてしまうのは悪いこと情けないことの
レッテルを貼られてしまう…
なんか昨日から周りからの
嫌な重圧みたいなのを感じて嫌になってしまう…

読んでいてほっとしました
ありがとうございます。・゚・(ノД`)・゚・。

投稿: ゆー | 2017年8月 3日 (木) 11時19分

ゆー様

夢とか目標は、「仕事に関するもの」と、「仕事以外に対するもの」と、2つ以上を、それぞれもつのがいいかもしれませんね。

仕事の目標は○○、これからの人生での目標は××と●●というようにすれば、

仕事には夢はなくても、人生にはあるかもしれませんし、(そういう考え方をすることで、見えてくる場合もあるので)

仕事の目標は仕事に対するもので、それと人生そのものは別、という考え方でわりきりもしやすくなると思います。

投稿: リカコ | 2017年8月 3日 (木) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 霊感や直感が冴えるとき。 | トップページ | 波長が下がっているのに、霊感や直感が冴えてしまうことがある。 »