« 不思議な現象は、ガイドスピリットからの働きかけ? | トップページ | ハイペースになりすぎないよう、コントロールを。 »

2011年6月11日 (土)

霊感体質による影響で、頭痛や首の違和感が出ることもある。

私たち人間は、「肉体をもった霊的存在」なので、実は誰にでも霊感は備わっているものです。

その中で、平均以上に、霊的な感受性が高い人が少なからず存在しますが、霊的な影響をうけることからくる「頭痛」を訴える方がいらっしゃいます。

確かに、霊的な影響を受けて、頭痛に繋がるケースはあり得ると思います。

そのようなタイプの方は、頭の周囲のオーラが大きいことが多く、いろんな霊やエネルギーなどに感応し、取り込んでしまうと、その箇所のエネルギーが滞るために(近い位置にある)頭が、痛くなることがあると思います。

頭の付近のエネルギーというのは敏感なので、それだけ感じ取りやすい、とも言えるでしょう。また、体の他の場所に、実際には影響を受けていても、頭の周りほどには感じ取りにくく気付かないので、頭痛のみが認識されやすいのかもしれません。

また、よく言われることですが、霊的なエネルギーが出入りする場所として、肩甲骨の間と、首の後ろがあります。

この説を裏付けるかのように?、霊感の強い人は、だいたい首のオーラが干渉されて状態が悪くなっていることが多いのですが(私も( ̄m ̄;))、このあたりのオーラが乱れると、当然、連動している肉体にも不調和が生じますので、首の骨の位置が、ずれやすくなります。

首というのは、動きが多い場所なので、もともと、骨が動きやすい場所であることも手伝って、

「霊的なエネルギーに干渉される」

「そのあたりのオーラが滞る」

「(本来あるべきエネルギーが回っていかないので)連動して、首の骨の位置がずれやすくなる」

「頭を支えにくくなり、頭痛が」

という仕組みで、「物理的に」頭痛に繋がってしまうこともあるようです。

なので、霊感体質からくる頭痛は、エネルギーの動きが滞っていることからくる違和感のような痛みとして感じている場合もあれば、エネルギーが滞ることから派生して、骨の位置がずれてしまって、頭の重さを支えにくくなり、頭痛になっている場合もあり、両方が関係していると思いますが、よほど敏感なタイプの方を除き、(痛みとして感じるまでになっているのであれば)後者のケースが多いようです。

対処法としては、カイロプラクティック等にいって、首の位置を戻していければ解消していきます。骨の位置のずれが、頭痛を誘発しているわけですから。

それは、一時的な対処法であり、影響を受けやすいこと自体を変えられるわけではありませんが、最も手っ取り早く、かつ効果的な作用があるのは、「上手な専門家の手に掛かること」です。

位置が正しくなれば、エネルギーがめぐりやすくなるので、自然に、不要なエネルギーは除かれていきます。特別な「除くための行為」をしなくても、整えば解消されていくのです。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

|

« 不思議な現象は、ガイドスピリットからの働きかけ? | トップページ | ハイペースになりすぎないよう、コントロールを。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

リカコ様
初めまして。
いつもブログを読ませて頂いてます。
質問なのですが、霊感体質の人は頭痛や首の違和感の他、例えば特定の人と話していると気持ち悪くなったりすることもあるのですか?
宜しくお願いします。

投稿: Riri | 2012年5月20日 (日) 13時07分

*Ririさま

霊感体質の人で、かつ、そのとき、その人本人の波長が下がっていて(影響を受けやすいから、絶対に影響を受けてしまう、わけでありません。影響を受けてしまうのは、そのときの自分に原因があります)、

そして、相手の波長も、下がっていた、という条件が重なれば、可能性としては、ゼロではないと思います。

投稿: リカコ | 2012年5月20日 (日) 13時24分

早々にありがとうございます。
波長によってなんですね。
納得です。

投稿: Riri | 2012年5月20日 (日) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不思議な現象は、ガイドスピリットからの働きかけ? | トップページ | ハイペースになりすぎないよう、コントロールを。 »