« 頼ることができないのは、「他人を信用できない」ため。 | トップページ | 「誰かに伝えるように」書くことで、答えが見えてくる »

2011年6月19日 (日)

不満や悩みがあるからこそ、気付き、学び、成長することができる。

目の前に大きな悩みがあるとき、「この件が解決してくれれば、幸せになれる」と、誰もが思います。そのため、悩みを、なんとか排除しようと、「悩み続ける」ことになります。

けれど、仮に「その件」が解決されたとしても、今度はまた別の悩み事が持ち上がってきて・・・、きっと、この人生の中から、悩み事がすべて除かれることはないのだろうと思います。

○○が得られない、と悩んでいても、実際に得てしまえば、今度は失う恐れが出てきて・・・、もしくは、得たものに対して人からどう見られているかが気になります。

さらには、自分の得たものと、人の持っているものを比較して競争心が出てきて、さらには・・・と、いくらでも続いてしまいます。

特定の物事に執着があれば、それだけ悩みの比率は高くなってしまうでしょう。

生きていくための意欲や向上心は大切ですから、そのための原動力となる適度な欲求は必要ですが、どんなこともバランスが大事で、執着してしまうと、自分が苦しくなっていきます。

そして、欲求がある以上は、(付随する)悩みとも、無縁にはなれません。ですから、人生の中で、常に悩みがあっても、「それが当然」だと思って付き合っていく考え方でいいと思うのです。

人は、大きな苦難があったときに、「この苦難のせいで、私の人生が大変になった」ような気がしてしまいますが、仮にその苦難がなかったとしても、きっと別の何かが、立ちはだかって、やはり人は常に悩む・・・ようになっているのです。

「これさえ除けば・・・」と思うから、特定の悩みにとらわれますが、「これを除いても、また別の悩みが持ち上がってくるのだろうな」と思えば、気持ちにも余裕が出て、除くよりもうまく付き合っていく(いずれにしても、人は何かしら悩むのだから)方向に気持ちを切り替えることもできるかもしれません。

これは、悩みに立ち向かう必要はない、という意味ではありません。その点は誤解のないようにお願いします。ただ、完全に除かれることのない悩みについて、「悩むために、悩んでいる」方が多いのですね。ならば、視点を変えたほうが、楽になれることありますよ、という話です。

また、悩むことが、悪いわけではない、むしろ人生に必要な学びだと考えることもできます。実際、悩みがまったくない人生からは、得るものがありません。悩みもなく、苦しみもなく、すべてに満足していたら、向上心も疑問もわかず・・・、そんな平坦な人生から、何を経験すればいいのでしょうか。

人は、悩み苦しむからこそ、そこから脱しようとあらゆる思考や行動をし、過去の経験を活用したり、アイデアを試したりして、そのすべての経験から人間力を磨いていくのだと思います。

たとえば、今、スピリチュアリズムに興味を持っている人も、何も不満がないところから唐突に興味がスタートしたわけではないと思うのです。

何かの苦しみや挫折があり、「なぜ、こうなるのだろう・・・」「どうして、努力が報われないのか・・・」「こんな苦しい人生に、何の意味があるのだろう・・・」と考えた先に、スピリチュアリズムに真理の光を見出したか、求めたのではないでしょうか。

悩みがあるか、ないか、ということにこだわるよりも、悩みという経験から「何を得るか」が大切だと思います。

私たちは、この世で肉体をもち、転んで痛みを知り、立ち上がり方を学び、その過程から精神的な成長をするという、遠回りな経験を、「わざわざ、するために、来ている」のですから、悩む過程も、この世での大切な経験なのですね。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« 頼ることができないのは、「他人を信用できない」ため。 | トップページ | 「誰かに伝えるように」書くことで、答えが見えてくる »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

まさにその通りだと思います。起きた出来事を通して何を得られたかが、本当に大切だとよく思います。
どんどん色々なことを経験して、人間力を高めてステキな女性になっていきたいです。

投稿: tomomo | 2011年6月19日 (日) 15時35分

*tomomoさま

悩みがないと、「悩みを乗り越える」という経験もできませんものね。
すべてが、必要な学びの機会なのでしょうね。

投稿: リカコ | 2011年6月19日 (日) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 頼ることができないのは、「他人を信用できない」ため。 | トップページ | 「誰かに伝えるように」書くことで、答えが見えてくる »