« スピリチュアルなセンスも、オーラに表れる。 | トップページ | 不満や悩みがあるからこそ、気付き、学び、成長することができる。 »

2011年6月16日 (木)

頼ることができないのは、「他人を信用できない」ため。

人をあてにせず、何でも自力で取り組んでいくのは、とても自立心あふれる、素晴らしい姿勢のように思えます。

けれど、「人を頼らないで、自分で行動する」のと、「頼ることができないから、自分で行動するしかない」のは、同じではありませんよね。

行動の表面だけみれば同じに思えることも、その行動の動機となっている点は、まったく違ったものとなっています。

他人を頼ることができないタイプの人は、「他人を信用することができない人」でもあります。信頼して任せられないので、何でも自分で手掛けたくなるし、実際にそのような行動をとってしまい、とても忙しくなり、負担も大きくなります。

他人を信頼すると、裏切られることもありますし、思い通りにならないこともある、というリスクを負います。

「傷つきたくない」という気持ちが大きい人ほど、心の底からは、他人を信頼することができません。

他人を信頼できない、というよりも、「裏切られることもありうる、というリスクを負うことができない」、といったほうが正しいかもしれません。

つまり、このようなタイプの人は、傷つくこと、裏切られることへの恐怖心があるわけですから、人を信頼するためには、この感情を乗り越えていくことが大切です。

何でも自力で取り組んでいく姿勢は、一見素晴らしく意欲的であるので、上記のような「恐怖心」が根本にあることが、自分でもわかりにくくなります。恐怖心からの行動が、見せかけの自立心に覆われてしまい、改善点が長所のように認識されてしまうのです。

どんなに優れた人でも、自分ひとりの力で生きていくことはできませんし、お互いの助け合いの中でしか学べない、「大切なこと」が存在します。裏切られることを恐れて、人に任せることすべてを避けてしまうと、裏切られることもない代わりに、得られるものも制限されてしまいます。この点を、良く考えてみましょう。

このときに「得られる、大切なもの」は、裏切られるかもしれない、というリスクを、「補ってなお余りある」有意義なものとなります。他人を信頼することは、ある意味、恐れを乗り越えた勇気ある行動ですから、その勇気に見合ったものは、必ず得られるのです。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« スピリチュアルなセンスも、オーラに表れる。 | トップページ | 不満や悩みがあるからこそ、気付き、学び、成長することができる。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

他人に頼る事ができない人が、傷つきたくない気持ちを持つように、他人に依存しようとする人には、どんな気持ちがあるのでしょうか。

投稿: さちこ | 2011年6月16日 (木) 12時53分

*さちこさま

ここで書いているのは、「他人を頼らない」人には、
それぞれいろんな理由を持つ人がいるでしょうけれど、

その中で、「頼らないのではなく、頼れない人」という
一例を取り上げて、それについての解説をしています。
その理由が、「他人を信用していないから」ということですね。

「他人を頼らない人全般」では、あまりに対象範囲が広すぎて
その理由を一つか二つに絞ることはできませんから
そこから、枠を狭めて「(頼らないのではなく)頼れない人」を
取り上げて、理由を分析しています。

「他人に依存しようとする人」というのは、
対象範囲がとても広すぎて、
それぞれ、個別の理由はいくらでもあると思いますので
一つか二つの傾向を、抜き出すことはむずかしいと思います。

広い対象を考えすぎて、きっと、ご自身でも答えがわからないのでは?
もう少し、範囲を絞ってお考えになると良いと思います( ̄∀ ̄)

投稿: リカコ | 2011年6月16日 (木) 22時45分

丁寧なお返事ありがとうございます。実は、リカコさんに質問してほどなく、自分の納得する答えがひらめきました。まさに対象を絞って考えていました。イライラの一つが消えたようでスッキリしました。ありがとうございます。

投稿: さちこ | 2011年6月17日 (金) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スピリチュアルなセンスも、オーラに表れる。 | トップページ | 不満や悩みがあるからこそ、気付き、学び、成長することができる。 »