« 小さなことからスタートさせることができるか。 | トップページ | 霊的現象に、過剰な好奇心を持ちすぎないこと。 »

2011年5月12日 (木)

霊感は、誰にでも備わっている資質であり、特別なものではない。

私たち人間は、「肉体をもった、霊(的存在)」です。つまり、私たちの本質は「霊」なので・・・、実は誰にでも、霊感はあります。

けれど、「平均以上に発達している人=霊感が強い人」と、「そうでない人=霊感が弱い人」という差はあります。「誰にでもある」というのは、まったくのゼロの人はいない、ということであり、「誰もが同じ」という意味ではありません。

また、霊の姿やオーラが見える(霊視)、霊の声が聞こえる(霊聴)だけが、霊感ではありません。直感や芸術性なども、広い意味でとらえれば、霊感のあらわれ方の一つですから、決して、特別なものではなく、日常に根ざしているものだとわかります。

私たちの本質は霊である以上、霊感がゼロの人がいないのと同じ理屈で、肉体を備えた人間として生きている私たちの霊感は、100%全開になることもありません。どれほどに優秀な霊能者でも、100%はあり得ません。

つまり、人間の霊感というのは、0%でもなく、100%でもなく・・・、その間に、独自な霊的センスが、人の数だけ存在するのです。

ものすごく霊感が強くても、見えたり聞こえたりは一切しない人もいます。そういう人は自覚しにくいので、それが霊感だと思っていなくて、スピリチュアル否定派になることも多いですね。インスピレーションが冴えている状態が、「その人にとっては普通」ですから・・・、意識しにくいものだと思います。

自覚のあるなしにかかわらず、また、意識しようとしまいと、私たち人間が、肉体をもった霊的存在である以上、誰もが、毎日の生活の中で、何らかの形で「霊的な感性」を、使いながら生きているものなのです。

「霊感」というものについて、スピリチュアルな解釈をすれば、上記のとおり、「霊感とは、誰にでも備わっている資質」なのですが、・・・しかし、スピリチュアルに関心がある人ほど、霊感を特別視する傾向があります。

一般の(それほど、スピリチュアルを意識していない)人たちよりも、むしろ、関心が高い人のほうが、このことを曲解しているような気がします。

スピリチュアルを、特に意識していない人が、「あれも、これも、実は霊感なのか・・・」などと、考えすぎになる必要はないと思います。なぜなら、そのように認識するタイミングもまた必然で、一番ふさわしいときに、ふさわしい形で与えられるものだからです。

しかし、スピリチュアリズムを学ぼうという意欲を持っている人は、この思い違いを(しているのならば)正していく必要はあるでしょう。一つのボタンを掛け違うと、他のことへの理解にも、影響していくものだからです。

霊感は、誰にでも備わっているものであり、決して特別なものではない。

なぜなら、私たち人間も、肉体をもった霊的な存在だから。

このことは、スピリチュアリズムの、基本的な考え方です。内容にピンとこない部分があっても、まずは、この文言を、そのまま受け止めていくことです。

学びを深めていけば、だんだんと、理解の度合いも比例して深くなっていきますので、きっと、いつかわかるようになります。その人に、ふさわしいタイミングで、気付きが与えられるようになっていますから、より深く分かる時期を、楽しみに待ちながら、日々の積み重ねを大切にして、成長していきましょう!

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« 小さなことからスタートさせることができるか。 | トップページ | 霊的現象に、過剰な好奇心を持ちすぎないこと。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小さなことからスタートさせることができるか。 | トップページ | 霊的現象に、過剰な好奇心を持ちすぎないこと。 »