« ★リーディング体験 マンガ&レポート (2/2) | トップページ | 犬や猫は、オーラが見える? »

2011年5月 7日 (土)

目的が定まっていないと、ふさわしい手段が逆算できない。

具体的にどんな行動をするのがベストなのかが分からない、何をしたらいいのか思いつかない、という悩みを抱えている方は多いと思います。

そのときに、まず考えてみていただきたいのは、「目的は決まっているけれども、そのための手段が分からない」のか、それとも、「目的と手段の、両方が分からないのか」、どちらなのか、という点です。

前者の場合であれば、目的に向けた手段を考える、という思考の仕方でよいですが、後者であれば、まずは目的を定めることが先です。目的があいまいなままでは、必要な手段を選ぶ基準が見えてこないものです。

たとえば、北海道に旅行に行く、という目的が定まっていれば、そのための交通手段として、飛行機で行こう、と決めることができます。また、旅費をつくるためにお金をためる、という準備もできますし、休暇を取る、という日程確保の行動もできます。

けれど、どこに行くかがきまっていなければ、または、旅行をするかどうかも決まっていないうちは、そのために何をすればいいのか、おおよその見当もつけにくくなります。

何をするにしても、それなりのお金はかかるだろうからお金をためる、とか、それなりの期間が掛かるものとして、日程を考える、とか、そういう準備の仕方しかできなくなり、それでは、ほとんど何も決められていない状態と、あまり変わらなくなってしまいます。

多くの人は、この状態で、「何をしたらいいのか分からない」「何も決められない」と、悩んでいる気がします。

この状態では、目的から逆算できないので、基準が生まれず、何も決められないのだということを、まずは理解することが大切です。

漠然とでも、方向性を定めておくようにすることで、一見それとは関係が浅いことや、ごく普通の日常生活の積み重ねの中でも、動きがとりやすくなります。

広い意味で、方向性が一致することや、少しでも近いものを選んでいくという工夫ができるので、経験が身についていきますし、目的に近いことをしている、という手ごたえが生まれるので、迷いや不安が少なくなります。

ここでお伝えしたいのは、必ず目的を決めたほうがいい、ということではありません。どのタイミングで何を決めるのがよいかは、個人差があると思いますから。

まず、それ以前に、どんな行動をとったら前に進めるのか分からない、何をしたらいいのか分からない、と迷っている人は、「手段」で迷っているツモリになっているけれども、実際は、「目的」があいまいだから、手段が逆算できないのではないか、ならば、改善や解決のための、思考の仕方や焦点の絞り方を、変えた方が効果的ではないか、という点を考えてみていただきたいのです。

今の自分の状態は、「目的が決まっているけれども、手段が決まらなくて迷っている」のか、「目的が決まっていないから、・・・当然、手段も決まるはずはないので迷っている」のか、改めて考えてみてください。後者の迷い方をしていては、焦点がずれているので、考えても前に進みにくい迷い方、だと思います。

そのようにひとつひとつ、分析を積み重ねていくことで、今までとは違った思考の仕方ができるようになり、視野が広がっていくと思います。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« ★リーディング体験 マンガ&レポート (2/2) | トップページ | 犬や猫は、オーラが見える? »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
「目的」があいまいだから、いつまでも焦点がずれて空まわりしておりました。
自分を分析するのは難しいですが、教えていただいたことを活かしていきたいです。
毎日勉強させていただきありがとうございます。

投稿: ちゃとらん | 2011年5月 7日 (土) 22時19分

* ちゃとらん さま

はっきりとした目的を定めるのが難しければ、「仮の目的」を定めて、手段を逆算することもよいと思います。

投稿: リカコ | 2011年5月 7日 (土) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ★リーディング体験 マンガ&レポート (2/2) | トップページ | 犬や猫は、オーラが見える? »