« 相手のニーズを読むには、「たくさんの経験を積み重ねること」が必要。 | トップページ | 怒りの感情を、後で振り返って分析してみる。 »

2011年5月31日 (火)

特定の言い回しや口癖が、相手に与える印象を左右する。

自分のことは、なかなか気づきにくいものですが、頻繁に使っている・・・というか、つい、使ってしまう、言い回しや単語があるはずです。

人から指摘されないと、分かりにくいものですけれど・・・。その(多用している)表現や単語は、会話の上で、相手にどんな印象を与えているか、改めて考えてみることは、コミュニケーションをスムーズにしていく上で、有効です。

頭のいい人や、気が短くてせっかちな人は、「だから」という単語を多用しがちです。

詳しく説明しているのが、まどろっこしくなってくるのでしょう、相手の話を遮って、「だから」を使ってしまう方は多いです。

自信がない人や、自分を控えめに見せたい遠慮がちな人は、「でも」を使いすぎる傾向があります。

クセになってくると無意識なので、相手の話を否定する場面ではないのに、どちらかといえば肯定する話の流れでも、「でも」を冒頭において、話を始める人は多いです。否定のニュアンスを含む単語があまりに多いと、相手はあまりいい気分がしないこともありますから、注意が必要です。

自分の口から出る言葉について、改めて意識する機会は、あまりないですが、一度気がついてみると、どれだけ同じ単語を多用しているかに驚くものです。

会話がスムーズではない、誤解されてしまうことが多い、という自覚がある方は、自分がつい口にしてしまう言い回しについて、それがどんな(相手からの)印象に繋がるかを考えてみてください。そして、必要があれば、改善を心がけてみてください。

自分がつい使ってしまう言い回しを認識していくことに、もうひとつメリットがあります。そういう意識の仕方が習慣になると、今度は、「相手の会話のクセ」が見えてくるようになります。

「でも」を多用する人だけれど、それは習慣になっている言い回しであって、必ずしも否定しているわけではないのだな・・・、というニュアンスが分かれば、相手の本音やニーズがつかみやすくなりますよね。悪気はないのだな、ということも分かるでしょう。

すべての事柄にいえますが、まず、自分が自分を理解する、という段階を踏むことで、相手のことが理解できるようになっていくと思います。自分を見つめていくほどに、相手のこともよく分かるようになるのです。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« 相手のニーズを読むには、「たくさんの経験を積み重ねること」が必要。 | トップページ | 怒りの感情を、後で振り返って分析してみる。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相手のニーズを読むには、「たくさんの経験を積み重ねること」が必要。 | トップページ | 怒りの感情を、後で振り返って分析してみる。 »