« 自分は何をしたいのか、分からない方へ。 | トップページ | 未浄化霊を見たり、憑依されたりの、霊現象に遭遇するのは霊感のせい? »

2011年4月 5日 (火)

まずは、目の前にある「やらなければならないこと」に取り組んでみる。

何をしたいのか、分からない、という悩みを抱える方は少なくありません。できれば、目的を持って、それに向かって生きていくことが理想的であり、あらゆる意味で効率もいいとは思います。

しかし、いかなる時でも、具体的な目的に向かって生きていくことが、誰にとっても必要か、といえば、そうではないとも思うのです。それは、人により、または状況により違うものではないでしょうか。

何をしたいのかを、見つけなければ・・・と、考えすぎて苦しくなっている方は、「本当に、今、したいことが明確に分かる必要があるのか?」という視点からも、考えてみることをおすすめします。

もちろん、明確になっているほうが計画も立てやすく生きやすいかもしれませんし、目的がないまま一生を過ごすのもよくないとは思うけれど、長い人生の中で、何をしたいのかが、あいまいなまま、よくわからないまま、過ごす時期もあってもいいと思います。

そういうときには、無理にやりたいことを探そうとするより、まずは、目の前にある(自分がしたい、したくない、という感情とは無関係の)どうしてもやらなければならないことから、取り組んでみてはどうでしょう。

私たちの人生の仕組みとして、自分に必要なことが起こる、という法則があります。この仕組みがある以上、自分に無関係なことがめぐってくることはありませんので、何をしたいのか、見つけられないときには、その時めぐってくるものを必然として受け止めていく、という考え方です。

いつまでも受け身でいい、ということではありませんが、ときには、そのように、柔軟に行動していくほうが、経験値が高まっていきますし、それらがヒントとなって、目指すものが見つかりやすくなることもあるでしょう。

目的ができれば、自然に、能動的になっていけるものなので、焦りすぎずに、今目の前にある、やらなければならないことに、まずは、取り組んでみてはいかがでしょう。

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« 自分は何をしたいのか、分からない方へ。 | トップページ | 未浄化霊を見たり、憑依されたりの、霊現象に遭遇するのは霊感のせい? »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分は何をしたいのか、分からない方へ。 | トップページ | 未浄化霊を見たり、憑依されたりの、霊現象に遭遇するのは霊感のせい? »