« ルールを重んじる「青紫のオーラ」 | トップページ | 大きなことを成し遂げたいけれど、どうしたらいいかわからないとき。 »

2011年4月30日 (土)

結婚で、すべてが劇的に変わるわけではない。

人生において、結婚は、一つの節目になる出来事だと思います。

男性は、結婚しても、(多くの場合)名前が変わるわけではない、仕事も変わるわけではない、家族を持つという責任は増えるとしても、個人的な要素がそれほど大きく変化しませんので、女性ほど、結婚に対する思い入れを持っていないことも多いかもしれません。

けれど、女性のほうは、結婚することで、名前が変わり、中にはお仕事を変える場合もありますし、子供を持つならば、出産という行為もすることになるなど、男性よりも、変化のふり幅は大きいものです。

そのためか、女性は、結婚に、大きな夢や期待を抱きがちになります。

結婚すれば、相手の男性に対する、多少の不満や不安は、自然に解消していくのではないかと、考えてしまうところがあります。

パートナーの男性の考え方や性格に、不安定な部分を感じ取りながらも、「結婚すれば、変わってくれるはず」「結婚すれば、協力しあってなんとかなっていくだろう」という期待を抱く女性は多いですが、人の性格というのは、そう簡単には変わらないし、男性にとっての結婚は、女性ほどに変化のふり幅が大きくないこともあって、期待通りにはいかないことも多いようです。

女性は、心の底では、そのことを薄々分かっていながらも、相手への気持ちと、結婚したいという思いから、「でも、結婚すれば何とかなるだろう」と、思いこんで、自分を納得させたくなりますが、過剰な期待は、見る目をくもらせてしまうこともあります。

結婚したい気持ちや、相手を思う愛情はわかるけれども、結婚は、その後もずっと続く「生活」なのだということも、現実的に考えていく必要があります。

完璧な人間はいないとはいえ、責任感や社会性が著しく低い相手と、お互いの納得をともなわいままで、結婚という形態だけを整えても、・・・その後の長い人生をいっしょにやっていくのは難しいものではないでしょうか。

無理を押し通すと、後にしわ寄せがきます。 結婚前に、お互いに歩み寄って話し合うなりして、解消していかなければいけないことを、「結構すれば、何とかなるだろう」という期待で、覆ってしまわないことが大切です。

女性は、自分が(結婚することで)いくつかの物理的な変化を伴うことも手伝って、男性も同じように、変わってくれるだろうと、自分の感覚を当てはめて考えてしまうことが多いのですが、男女の受け止め方は違うところもあります。

結婚生活での経験という学びが、長い時間をかけて、人を変える(成長させる)ことはありますが、結婚という出来事が起こった瞬間に、ガラリと変わってくれるわけではありませんので、その点は、期待しすぎないようにしましょう。

このことは、相手だけではなく、自分にも言えることだと思います。結婚は、よいきっかけになることはあっても、変化や成長は、そこから学びを得た自分自身が起こすものですから、外的要素に過剰に期待するよりも、自分が能動的にそうしていくのだという気持ちで、考えていくことが大切です。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« ルールを重んじる「青紫のオーラ」 | トップページ | 大きなことを成し遂げたいけれど、どうしたらいいかわからないとき。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

参考になります、私も今しわ寄せを実感しております(笑)、周りにも迷惑かけましたので。結婚前の違和感が気になりながらも、押され気味に一緒になり、結局は傷つけあってしまうように・・今はよい勉強だと思えるようになりました。なんだか大人になったような感じです。

投稿: 群馬のおじさん | 2011年4月30日 (土) 12時38分

リカコさん、

こんにちは。
いつも心がやさしくなるブログを拝見させていただいてます。
このトピック、まさに自分の結婚生活(残念ながら終わってしまいましたが)でなんとなく感じたことを言葉ではっきり表現されてらっしゃったので、なるほどと、とても得しました。
私の個人的な経験から、相性も大事ですが、それよりも意思の疎通や共有の大切さを身にしみて感じました。
それをしなければ、相手に対する思いやりの気持ちも、一人よがりになってしまいますよね。。。
リカコさんの言葉は今後のパートナー探し(敗者復活戦??)でも心に留めて参考にさせていただきます。


投稿: Grace | 2011年5月 2日 (月) 05時51分

*群馬のおじさん さま

>今はよい勉強だと思えるようになりました。

そう思えるならば、お互いに、必要なご縁だったのかもしれませんね( ̄∀ ̄)。

投稿: リカコ | 2011年5月 4日 (水) 17時20分

*Graceさま

そうですね、「意思の疎通」というのは、必ずしも、「意思を一致させる」ことではないわけで、お互いに敬意を払って、信頼を持ったうえで、違う意見を持っていることもできますよね。

意思が一致する人同士の相性のよさ、というものもあり、意見が一致しなくても、違いを認め合っていける相性のよさ、という考え方もあるかもしれず、結局、大切なのは、お互いを信頼できるか、という点なのかな、と思います。不安というのは、信頼できないからこその感情だと思うので( ̄∀ ̄)。

投稿: リカコ | 2011年5月 4日 (水) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ルールを重んじる「青紫のオーラ」 | トップページ | 大きなことを成し遂げたいけれど、どうしたらいいかわからないとき。 »