« 「考え過ぎ」の改善策は、考え過ぎから離れること。 | トップページ | ルールを重んじる「青紫のオーラ」 »

2011年4月28日 (木)

複数の選択肢の中で、優先順位をつけるための考え方。

何をしたらよいのか分からない、決断が苦手、今やるべきことが決められない、という人の多くは、優先順位をつけるという考え方も苦手としています。

というよりも、優先順位をつけるという考え方が苦手なので、それらの行動の仕方が分からない、という悩みが出てきてしまうのですから、逆に考えれば、「優先順位が付けられれば、それらの悩みは、薄れていく」ことにもなります。

では、「優先順位をつける」とは、具体的にどう考えればいいかというと、まずは、「1番と、2番を決めること」です。

たくさんの要素があっても、「1番と、2番と、それ以外、」というくらいの、シンプルな区分けにすることがポイントです。

3番、4番、5番・・・と、延々と順位をつけても、実際には、そこまで細かくコントロールはできませんので、まとめてしまってもいいと思います。

まず、取り掛かるまでを長くしないことがポイントです。そのほうが、モチベーションも保てます。細かく条件をつけすぎると、考えている間に時間が経って、気持ちが落ちてきたり、考えていること自体に満足して、実際の行動に繋がらないこともあります。

なるべくシンプルに思考して、1番と2番を、まずは決めてみましょう。

そのどちらにも該当しなかった要素は、すべて「それ以外」とまとめましょう。

1番と2番の優先順位は固定しておき、3番以降は、その時の流れで、必要だと思ったことに、都度、対応していく、というルールを、自分の中に作り上げていくと、効率よく動くことができます。

 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« 「考え過ぎ」の改善策は、考え過ぎから離れること。 | トップページ | ルールを重んじる「青紫のオーラ」 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「考え過ぎ」の改善策は、考え過ぎから離れること。 | トップページ | ルールを重んじる「青紫のオーラ」 »