« いつもの行動範囲から、飛び出してみる。 | トップページ | 感情と思考は、感情のほうが重いエネルギー。 »

2011年4月21日 (木)

自分の波長が上がれば、憑依霊が浄化していく(こともある)。

波長が下がると、未浄化な霊に、憑依されてしまうことがあります。憑依と聞くと、とても恐ろしいものをイメージしてしまうかもしれませんが、実は、日常、よくある現象のひとつです。

憑依の度合にもいろいろあり、プチなものも含めれば、それほど珍しいものではありません。逆にいえば、深刻な憑依というのは、それほど多くはない、こともわかると思います。

憑依現象を解消するには、除霊や浄霊のような特殊な形式が必要、とも、思われているかもしれませんが、そんなことはありません。

この世の出来事は、すべて、そうなる意味が合って起こる必然で、無作為の偶然に困難が降りかかることはなく、霊に憑依されることも、自分の中に、そういうものを「引き寄せてしまう、何か」があるからこそ、起こってしまう現象です。

そこから考えれば、自分の中にある、「引き寄せてしまうもの」が、なくなれば、自然に、憑依も解消されていくことが、分かると思います。同じ要素がなくなれば、引き合うこともなくなるからです。

気付きがあったり、自分の言動を反省するなどして、波長が上向きになっていけば、その瞬間に、憑依霊が、抜けていきます。

取り憑かれている人の波長が上がることで、繋がりが断たれて、その場から離れていく(除霊)こともあれば、霊も(取り憑いている人に同調しているわけですから)学びを得て浄化していく(浄霊)こともあります。

未浄化霊の憑依は、軽いものなら、自分次第で、いくらでも解消することができる仕組みなのです。

憑依されないような生き方が大切だけれど、仮に、たまたま波長が下がって、ネガティブな感情にとらわれ、憑依現象を呼び込んでしまったとしても、自分を立て直して、切り替えていければ、自然に解消されていきます。

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« いつもの行動範囲から、飛び出してみる。 | トップページ | 感情と思考は、感情のほうが重いエネルギー。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いつもの行動範囲から、飛び出してみる。 | トップページ | 感情と思考は、感情のほうが重いエネルギー。 »