« 自分の波長が上がれば、憑依霊が浄化していく(こともある)。 | トップページ | 「考え過ぎ」の改善策は、考え過ぎから離れること。 »

2011年4月22日 (金)

感情と思考は、感情のほうが重いエネルギー。

物事を判断する際、感情があまりに大きい場合、冷静な判断ができずに、勢いで、相応しくない選択をしてしまう場合があります。

そのようなときこそ理性が大切で、感情に偏らないほうがいいと、多くの人が知っているはずが、実際には、感情に支配されてしまう場面がしばしば出てきます。

その理由のひとつに、「思考よりも、感情のほうが、重たいエネルギーだから」、という点があげられます。

この世という場所で、肉体という重い物質をまとっている私たち人間には、「より重いものに、強く影響されてしまう」傾向があります。

なぜなら、重いものは、波長が近いので感じやすく、軽いものはわかりにくいからです。

この世というのは、重たいものに反応しやすい仕組みになっていること、

強い感情というのは、理性の思考より重いこと、

この2つを理解すると、「私たちは、無意識でいると、感情で判断しやすくなる」のだ、ということが分かります。

だからこそ、意識して、理性の思考を加えて、偏らないようにすることが、適切なバランスに有効になるのです。

実際には、少しの感情も伴わない思考もないでしょうし、逆もまた同じだと思うので、「感情」「思考」という分け方は、便宜上のものでしかないですが・・・、激しい感情に基づく判断は、ともすれば、(発するエネルギーが近い)物質的価値観に、傾いてしまうこともあることを、覚えておくとよいでしょう。

感情が悪いということではないのです。そればかりに偏り、コントロールの範囲を超えて、振り回されるようになったら、遠心力がついて「重く」なるのです。

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« 自分の波長が上がれば、憑依霊が浄化していく(こともある)。 | トップページ | 「考え過ぎ」の改善策は、考え過ぎから離れること。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
先日は、リーディングありがとうございました。
いつも読ませていただいています。
今回のお話も、とても感慨深いものですね・・・
自分が、両親などから過度に感情的に否定され続けて育つと
自分も自己否定的になることはありますが、このお話と関係あるように思いました。
また、社会での過度なバッシングによって、心理的に追い詰められたりするのも・・。
自分を課題に悪く思いすぎることによって、自殺してしまったりするのではないかと思いました。
自分の思いを重く考え、流されてしまうことは私も多くあります。
それは、重いから正しく健全なのではなく、より低レベルなエネルギーだったのだなあ、と思いました。happy01

投稿: KUMI | 2011年4月25日 (月) 05時45分

*KUMIさま

自分以外の周囲からの影響で、自分が振り回されることもありますね・・・。しかし、周囲の、どんなエネルギーに反応するか、というのは、自分のあり方が決めていると思うのです。「波長の法則」で、同じものに反応していく仕組みがありますから、自分が高い波長になっていければ、高いレベルのものと、引き合っていけますよねsun

投稿: リカコ | 2011年4月25日 (月) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分の波長が上がれば、憑依霊が浄化していく(こともある)。 | トップページ | 「考え過ぎ」の改善策は、考え過ぎから離れること。 »