« 相手に合わせた付き合い方を。 | トップページ | 自分は何をしたいのか、分からない方へ。 »

2011年4月 3日 (日)

自分の作り出した感情と、他人から影響を受けた感情を、明確に区分けできるか?

他人の感情などに影響されて、バランスを崩しやすいという、感受性の高い方から、「自分の作り出した感情と、他人から受けた影響による感情とを、区別する方法はないか」というご質問をいただくことがあります。

人との交流というのは、オーラの交流でもあり、お互いに、相手のオーラから影響を受け合っています。自分と同じ考え方の人とは馴染みやすいと感じ、違うオーラの人からは、新たな刺激を受けるなどして、目に見えない領域も、さまざまに影響しあっているものです。

そのため、元気な人といると、自分も元気な気持ちが出てきたり、疲れて落ち込んでいる人と一緒にいると、何の原因もないのに、自分も落ち込んだ気分になってしまう、という状況がつくられます。

しかし、やみくもに、関わりを持つ人の影響を、何でも受けてしまうわけではありません。スピリチュアルな仕組みとして、「波長の法則」と呼ばれる、同じ要素を持ったもの同士が、引き寄せあい、影響し合っていく仕組みがあります。自分の中に、引き合う同じ要素がなければ、他人の影響を過剰に受けることはありません。

自分には何の原因もないのに、他人の影響を受けて、調子が悪くなった…ように思えることがあっても、実際には、自分の中にも、気づかないところで、その影響を引き受けてしまう要因があったことになります。

敏感な人ほど、さまざまな影響を受けやすい、という傾向はあるけれど、そのことと、実際に影響を受けるか否かは、別の話です。常に高い波長を保っていられれば、それほど極端な影響は受けません。完全に影響を防ぐことは難しいですが・・・、それは、敏感な人に限らず誰でも同じで、お互いに関わりを持って影響しあいながら生きているわけですから、許容範囲として受け止めていく必要があるでしょう。

実際に、他人の感情や想念の影響を受けて、調子が悪くなってしまうことは、よくある現象です。自分の生み出した感情ならともかく、他人からのネガティブな影響で、自分がイライラしたり、辛くなったりする・・・、と考えると、相手が加害者で自分が被害者のような気がして、損をしているような気持ちもなるかもしれません。

しかし、自分の中に、引き合う要素があるからこそ、「波長の法則」が働くわけで、相手のせいとはいえず、自分にもそうなる原因が存在していたことになります。

自分の中にも、同じような要素が最初から存在しているところに、他人からの影響が加わったとして、それを(他人からの影響のみを)抜き出して認識することは難しいです。明確な区分けは、できないと思います。

たとえば、ワカメのみそ汁が入っている鍋に、別の鍋で作られた、ワカメのみそ汁が足された状態から、「後で足された分だけ」を、わけることも難しいですし、足されたことを認識することも難しいものではないでしょうか。 違いがあるからこそ、比較ができるために分けられるのであって、共通点があるものについて、明確な区分けは困難です。

自分が影響を受けたことが、「他人のせいでこうなったのであり、自分は悪くない」と受け止めてしまうと、なんとかして影響を見分けて除きたい、という気持ちになります。

しかし、自分の中にも同じ要素があったからこそ、「足された」ようなものであって、まったくの無関係なものが新たに足されることはない、という受け止め方をしていけば、見分けたいという気持ちも、薄くなります。

本当に見分けていく必要があるのはどこなのか、が、分かるからです。それはつまり、相手から足された要素ではなく、自分の中に存在していた、共通する要素です。そちらを改善していけば、影響を受けにくくなっていきます。

★ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

   ↓ ↓ ↓

 人気ブログランキングへ

|

« 相手に合わせた付き合い方を。 | トップページ | 自分は何をしたいのか、分からない方へ。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

今まさに、この記事に書いてあるような内容の出来事を
体感している最中でした。
波長の法則が働いちゃったっぽいです。


波長の法則ってほんとにあるんですねぇ。
おもしろいなぁ。。。

投稿: えいこ。 | 2011年4月 3日 (日) 19時35分

*えいこ。さま

そうですね、波長の法則や、カルマの法則などと呼ばれる仕組みが存在するからこそ、こうして、スピリチュアリズムを知識として学ぶことができますね( ̄∀ ̄)。

投稿: リカコ | 2011年4月 3日 (日) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相手に合わせた付き合い方を。 | トップページ | 自分は何をしたいのか、分からない方へ。 »