« 挑戦するか、否か、というのは、「極端な二択」。 | トップページ | 「避けたいもの」から逆算すれば、「得たいもの」が見えてくる。 »

2011年3月 1日 (火)

体の冷えと、オーラの滞りの関連性

体の冷えやコリと、オーラの滞りは、関連性が見られることが多いです。

オーラは、エネルギーなので、ひとときも同じところにとどまっていることなく、動いているものです。それは、私たちが、呼吸をしたり、体を動かしたり、感情が上下したり、思考をしたりすることなどのすべてが、オーラの様子に反映していく仕組みから、想像がつくことと思います。

オーラがくすんでいると、エネルギー全体の動きが鈍くなります。オーラが明るい状態では、(その人なりに)エネルギーが活発に動いていきます。

もともとの、活力には個人差がありますので、必ずしも、明るさとオーラの動きの強さはイコールにはなりませんが、あくまで「本人比」においては、明るい状態のほうが、「本来のあるべき動き」がなされていきます。

これらのオーラの働きは、肉体の機能で言うと、免疫力や回復力などに例えると分かりやすいと思いますが、どこかに過剰な負荷がかかっていると、全体的なパワーが下がり、整っている状態であれば、少しくらいの負荷は、はねのけることができます。

オーラ全体の活力が下がると、オーラの動きが鈍くなり、普段ならはねのけられるくらいの滞りも、そのままオーラに現れ、・・・ということは、肉体や精神にも、何らかの影響が出てしまうこともありますので、コンディションを整えておくことは大切です。

オーラが滞っている箇所の肉体は、コリがあったり冷えていたりすることが多いようです。たとえば、足元のオーラが滞っていると感じられる人は、だいたい、足の先が冷えやすいようです。

「オーラの滞り」がある様子は、その部分のエネルギーの「動き」が、他と比べて「鈍」い感じがあるとか、オーラの「密度」がそこだけ「薄く」感じられたりします。

筋肉が少ない女性は、コリや冷えが起こりやすいのですが・・・、それらの肉体面のバランスの崩れがあると、オーラ全体の(本人比での)活性度にも、多少、影響が出てくる、という仕組みが分かると思います。

オーラの状態を整えていくためには、自分の心の在り方や、精神面の成長が大切ですが、肉体面のケアも、無視できない大切な要素なのです。

tulipブログランキングに参加しています。

バナーをクリックして、投票をお願いします ⇒⇒ 人気ブログランキングへ

|

« 挑戦するか、否か、というのは、「極端な二択」。 | トップページ | 「避けたいもの」から逆算すれば、「得たいもの」が見えてくる。 »

03.オーラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 挑戦するか、否か、というのは、「極端な二択」。 | トップページ | 「避けたいもの」から逆算すれば、「得たいもの」が見えてくる。 »