« 大きくて明るいオーラの人は、「他人に対する影響力が高い」。 | トップページ | 簡潔に伝えられず、会話が長くなってしまうのは? »

2011年3月 7日 (月)

他人の影響を受けやすい?

他人の感情や発するエネルギーに影響されて、具合が悪くなってしまう、というご相談は少なくありません。そういう方は、平均よりも、感受性が高くて敏感な性質である、と言えるでしょう。

人付き合いとは、オーラの交流でもあるので、お互いに相手のオーラの影響を受け合っています。たとえば、自分と似たような雰囲気の人には、馴染みやすさや親しみやすさを感じ、違う雰囲気の人には、刺激を受けていくなどして、目に見えないオーラの領域では、お互いに、さまざまに影響を受けているものです。

そのため、元気で明るい人と一緒にいると、自分も元気になってきたり、落ち込んで暗い気持ちになっている人と一緒にいると、自分もつられて落ち込んだ気持ちになってしまう、というような状況がつくられるのです。自分にはそうなる理由がないのに、相手の雰囲気に(良くも悪くも)同調してしまう現象が起こるのは、お互いのオーラが影響し合っているから、と言えるでしょう。

しかし、一緒にいる人や関わりを持つ人から、何でも一方的に、影響を受けてしまうのか、といえば、そんなことはありません。

スピリチュアルな法則のひとつに「波長の法則」と呼ばれるものがあり、同じ要素を持つ人同士が、引き寄せあい、出来事が展開していく仕組みになっています。

自分には何の原因もないのに、一方的に、他人のネガティブな影響を受けて、調子が悪くなった、と感じるかもしれませんが、実際には、自分の中にも、何かしら、気付かないところで、そういう影響を引き受けてしまう要因があった、ということになります。

仮に、相手の状態がとても悪く、引きずられても仕方ない、と思えるような状態だったとしても・・・、では、なぜ、その様な状態にある人と、自分が出会うという縁がつくられたのか、と考えてみれば、同じものが引き合うという「波長の法則」がある以上、無関係の災難が降りかかったわけではないと、分かります。

いろんな影響を、誰もがお互いに受けているとはいえ、「影響を受けやすい敏感なタイプの人」が存在することは事実です。人n影響を受けて調子が悪くなる、と訴える方は、気のせいや思いこみではなくて、実際に、影響を受けて、そうなっているのだと思います。

けれど、「敏感で影響を受けやすいタイプである」ことと「いつも、ネガティブな影響を実際に受けてしまう」ことは、同じではありません。

前者は「性質=本質」ですから、変えられませんが、実際に影響を受けるか否かというのは、自分のその時の「状態」に左右されますから、完全には防ぐことはできませんが、心がけていくことで、影響を最小限にすることは可能です。

その性質をいかして、(波長を高く保てば)良い影響をたくさん受けていくこともできるのですから、ネガティブな影響のほうだけに、フォーカスし過ぎず、明るい気持ちで、過ごしていくことも大切だと思います。

tulipブログランキングに参加しています。

バナーをクリックして、投票をお願いします ⇒⇒ 人気ブログランキングへ

|

« 大きくて明るいオーラの人は、「他人に対する影響力が高い」。 | トップページ | 簡潔に伝えられず、会話が長くなってしまうのは? »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

初めてコメント致しますo(_ _)oshine

他人の影響とオーラの関係とても興味深いですhappy01note
数ヶ月前の話なのですが、
背景も知らない人達と交流し、お別れの際にメール交換とともに職業等を教えていただくという事があったんです。
帰宅後、一日の行動を振り返ると、お話されていた方の職業からくる信条や能力に影響され、自分まで高まっていた事に気付きまして(それに関するお話は帰り際まで一切なかったにもかかわらずなんです!)
エンパス体質からくる不調の話はよく聞くのですが、積み上げてきた能力が移ってしまうなんてあまり聞かないな・・・ヒーローズのピーターみたいheart01なんて思いながら、ずっと不思議に感じていました。
同じ傾向の人が集まる事による相乗効果も、オーラが影響していたかもしれないですよねshine
オーラの影響ってすごいですねshine

投稿: (^ ^) | 2011年3月 7日 (月) 09時21分

*(^ ^)さま

エネルギー的な影響を受けても、その人の備えているものが、(全く自分には備わっていないのに)、付加されて身に付く、ということは、ほとんどないと思います。

そのような現象があったのだとすれば、自分の中にも備わっていたものが、刺激を受けて表面化した、ということではないでしょうか。

他人のオーラを取り込んだことで、自分に影響が(良くも、悪くも)出た場合でも、ずっとそのままではないので、時間とともに、他人の影響が抜けていけば、元に戻ると思われます。戻らない部分は、刺激を受けて、自分の中に合ったものが、活性化された(=身に付いた)、ということではないでしょうかhappy01

過去記事参考:http://lapis-lazuli.way-nifty.com/true/2010/02/post-22c0.html

投稿: リカコ | 2011年3月 7日 (月) 09時52分

>備わっていたものが、刺激を受けて表面化した
なるほど!腑に落ちますshine
もしかして、私って意識して取り込むようにすれば楽してすごい事にheart01
なんて期待していたのですが、自分にも備わっていないとだめなんですねcoldsweats01
ありがとうございますhappy01

投稿: (^ ^) | 2011年3月 7日 (月) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大きくて明るいオーラの人は、「他人に対する影響力が高い」。 | トップページ | 簡潔に伝えられず、会話が長くなってしまうのは? »