« 他人の影響を受けやすい? | トップページ | 依存性・中毒性のある行為の原因は、不足感や欠乏感。 »

2011年3月 9日 (水)

簡潔に伝えられず、会話が長くなってしまうのは?

自分の考えを述べる際、または、相手に質問をする際に、「要点を絞って、簡潔に伝える」ようにすると、テンポよく会話がはずむことが多いです。

相手が理解しやすいように、分かりやすい説明をすることは大切ですが、長々と話すのがいいとは、必ずしも言えません。

簡潔にまとめた会話をするためには、「なぜ、簡潔にできないか」という原因を認識しておくことが有効です。「上手に行うためのコツ」には、「上手にできない原因を、認識し取り除く」ことも含まれるからです。

意見を簡潔にまとめられず、長くなってしまう傾向を持っている方は、主に3つの理由があるように思います。

ひとつは、「前置き、本題に入る前の説明が長い」場合です。このようなタイプの方は、長い説明のほうが丁寧である(そのほうが、分かりやすいはず)、という認識をしているのでしょう。それは間違ってはいないけれど・・・、あまりに長い説明は、本題の焦点をぼやかしてしまいます。また、いつ本題に入るのか・・・と、相手は、構えて待たなければならず、「相手に、強い集中や緊張を強いる」ことにもなります。このような会話の仕方は、会話の内容以外のところで、相手から好感を抱かれません。「疲れる」と認識されてしまうからです。

2つめは、「伝えることの本題、話の結論が自分の中で定まっていない」場合です。自分が会話しながら、それらを探っていくので、話題があちらにいったりこちらにいったりで・・・、それでも、結果が、うまくまとまればよいけれど、多くの場合、自分でも、何を言っているのか、途中で分からなくなります。

3つめは、「自分をよく見せようとするあまり、難しい伝え方を意図的にしてしまう」場合です。アピールの気持ちが強すぎると、本題以外のことまで、あれもこれもと会話に盛りこみ、知っている自分、分かっている自分を表現したくなります。

自分の考えをしっかり伝えるためには、言葉が足りなくて、うまく話せないことも問題ですが、かといって、長く話せばいいというものでもなく、「ちょうどよい長さで、簡潔に話す」というバランスが大切です。

前置きが長くなってしまう、丁寧に説明したいと思ってしまうタイプの方は、「まず、結論から先に述べ、説明は、その後にする」という、英語のようなスタイルを心がけるとよいでしょう。そのほうが、相手に伝わりやすくなります。

伝えることの本題が、自分の中で定まらなくて、話が広がってしまうタイプの方は、だいたい「(伝える)相手が、自分に何の説明を求めているのか、分からない」タイプでもあります。相手のニーズが分からないので、答え方が分からなく、焦ってしまいます。相手が何を求めているのか、想像力を磨いて行くことも大切となるでしょう。

アピールの気持ちが強くて、難しい伝え方をしてしまい、本題以外の話が広がってしまうタイプの方は、「自分を表現したい、自分を分かってもらいたい」のと「要件を伝えることで、相手の理解を得たい、賛同を得たい」のと、どちらが優先されるのか、よく考えてみることが大切です。

時間を掛けた長い説明が、必ずしも相手に親切とは言えず、逆に負担になったり、話を分かりにくくしてしまう場合もありますので、ちょうどよい「簡潔な伝え方」を心がけていくと、スムーズなコミュニケーションに繋がっていくでしょう。

tulipブログランキングに参加しています。

バナーをクリックして、投票をお願いします ⇒⇒ 人気ブログランキングへ

|

« 他人の影響を受けやすい? | トップページ | 依存性・中毒性のある行為の原因は、不足感や欠乏感。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、先日のメールリーディングではお世話に
なりました。

私は、3つの理由の全部が当てはまりますが、
ひとつめのパターンが一番多い気がします。

気をつけねば。。。

投稿: えいこ。 | 2011年3月 9日 (水) 17時54分

*えいこさま

1つめの場合は、話を短くしようと考えるよりも「結論を先に言おう」と考えればいいと思います。先に、結論を言って、なぜならば、理由は・・・、という順番で話すようにすると、おのずと、説明は短くなっていくと思いますsun

投稿: リカコ | 2011年3月 9日 (水) 18時40分

はじめまして

いつも楽しみにしています。
今回は目からウロコでした。話すのが苦手で、その理由が
なんだかハッキリしていなかったのですが、
お陰さまで、理由と、こうすればよかったんだっ!
・・・というのがわかって、すごく嬉しいです。
ありがとうございました。


投稿: かぐや | 2011年3月 9日 (水) 20時59分

*かぐやさま

会話そのものが苦手で、あせってしまう場合も、話の焦点がうまく絞れなくなることもありますね。

上手くいかない原因をみつけて、改善のために行動する、というのは、(自分の成長につがなるので)楽しみもあると思います。

楽しみながら、成長なさっていかれますように( ̄∀ ̄)

投稿: リカコ | 2011年3月 9日 (水) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 他人の影響を受けやすい? | トップページ | 依存性・中毒性のある行為の原因は、不足感や欠乏感。 »