« 私が、「直感的」でいられる理由。 | トップページ | 直近の未来は把握できることもあるけれど、遠い未来は未知数。 »

2011年2月17日 (木)

直感力が高い人の特徴、「人の性質を見極める目を持っている」。

私たち人間は、肉体をもった霊的存在なので、実は誰にでも霊感があります。強い人もいれば、そうでもない人もいるという差はありますが、霊感がまったくゼロの人はいません。

直感も、広い意味でいえば、霊感とほぼ同義語でもあり、霊感の表れ方のひとつ、と言えるでしょう。

過去の記事で、霊感が強い人の特徴をいくつか取り上げました。霊的感性の幅広さは、実にさまざまな表れ方があり、ポジティブな方向に発揮されていく場合もあれば、感度のよさゆえに、ネガティブなものに引きずられやすくなることもあります。

霊感と直感の間に、それほど大きな違いはないのですけれど・・・、霊感というのは、感度の幅広さ全般を表す場合もあり、良い方向に発揮されることもあれば、そうではない場合もあると思います。

そのように、幅広い意味がある霊感の中で、「直感」と限定して考えると、そもそも、ネガティブになっている状態では、直感力が働きようがない、とも言えますので、ここでは、波長が高く保たれていて、備えている直感力が、創造的な方向に発揮されている場合の特徴を、いくつかお伝えさせていただきます。

直感力が優れている人の特徴として、「人の性質を見極める目を持っている」という点があげられます

直感力が高いと、自分の思考を超えたところからの、インスピレーションに助けられる比率が高いのですが、それだけでなく、自分自身の思考のスピードも速くなります。経験や統計からの思考をする場合も、底上げや後押しという形でインスピレーションが作用していて、より深く素早い洞察に繋がっていきます。

相手の性質や得意分野を判断する場合、普通ならいくつもの言葉や態度などから、その人を知るというプロセスが必要ですが、直感力が高い人は、同じだけの把握を、最小限のプロセスから感じとることができます。

私は、直感力の働き方を、「自分の中の必要な引き出しをあけるスピード」という説明をすることがありますが、その動作が素早く行われるのは、ある事柄に対する関連性を把握する力や結びつけて解釈する力が、高いからです。それはつまり、想像力であり、応用力でもあります。

そうすると、相手のたった一つか二つの言動から、「この人は、こんな人だろうな」という、―それは、あくまでも確定には至らない、想像の域を出ないものではありますが、性質や傾向が、見て取れるものなのです。

性格や考え方の習慣というのは、一生を通じて、(少しくらいの変化はあるとしても)そう大きくは変わらない、「本質」に近い部分です。

直感力の高さにも、段階があります。平均よりも少し直感が高いくらいであれば、相手の本質を見抜くまでは難しく、相手の感情や、そのときの雰囲気など、都度、移り変わって変化していく「状態」を把握することは得意だと思います。相手のネガティブなものを感じ取ってしまう、悪い雰囲気を感じる、などという方は、その段階にあるといえるでしょう。

本当の意味で直感が発達している人は、「本質」を見分けることができます。あくまで、その時点の反映にすぎない、状態には影響されることなく、さらに深いところにある本質を見ることができるため、相手の性質や得意分野などを、とても少ない情報から把握し、判断することができるのです。

tulipブログランキングに参加しています。

バナーをクリックして、投票をお願いします ⇒⇒ 人気ブログランキングへ

|

« 私が、「直感的」でいられる理由。 | トップページ | 直近の未来は把握できることもあるけれど、遠い未来は未知数。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

凄いですね☆本当の意味で直感が発達している方は見る人の状態ではなく本質まで見てしまえるとは。霊感と直感のつながりに興味を持ちブログを拝見させて頂いていましたがいつもとても良い勉強になります。本当にどうもありがとうございます♪

投稿: 寛子 | 2011年2月17日 (木) 19時13分

*寛子さま

霊感や直感は、同じ意味でつかわれることも多いですよね。どちらも、自分の成長により、深まり、高まっていくものだと思います( ̄∀ ̄)。

投稿: リカコ | 2011年2月17日 (木) 21時29分

本当の意味での直感が強くなりたいと思いました!微妙な直感?はあると思いますが…(^^;; リカコさんのお話、ブログ、分かりやすく、また質が深く有難いです!

投稿: 幹子 | 2017年3月16日 (木) 21時56分

幹子さま

直感というセンスは、「性質として、備わっているものが働く」ものなので、自分の直感はどんな分野に働きやすいのか、そうでないのかは、だいたい決まっています。

自分の直感のパターンをとらえていくことが、いかしやすくするコツだと思います(^_^)。その件については、

http://lapis-lazuli.way-nifty.com/true/2017/03/post-0adb-3.html
こちらの記事のとおりです。

投稿: リカコ | 2017年3月18日 (土) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私が、「直感的」でいられる理由。 | トップページ | 直近の未来は把握できることもあるけれど、遠い未来は未知数。 »