« 霊感が強い人の特徴、「感情の起伏が激しい」。 | トップページ | 直感力とは、思考の瞬発力でもある »

2011年1月20日 (木)

グループソウルの解釈=生まれ変わりの仕組み

私たちは、あちらの世界の「グループソウル」と呼ばれる「たましいの家族」から分かれて、この世に肉体をもって生まれてきており、「私」という個別の感覚を持ちながら、今回の人生という経験を積んでいます。

グループソウルと私たち人間は、常にたましいの絆で繋がっており、それらが切り離されることはありません。私たちは、肉体を伴って、今回の人生を経験して学び・・・、そしてたましいを向上させていきます。

私たちは、常にグループソウルと繋がっていますので、私たちの向上は、イコール、グループ全体の向上へと、繋がっていく仕組みです

つまり、あちらの世界の叡智だったり、守護霊だったりが、私たちという「個別の存在だけ」を、助けているのではなくて、私たち(の経験)を通して、グループソウル全体の向上を願っていることからの、サポートである、という解釈もできるわけです。

江原さんの書籍では、「コップの水」で、それらをたとえています。

要約すると、グループソウルは、コップに入った水で、私たちは、そこから一滴の水として分かれて、この世に生まれてきた。そして、その一滴は現世で過ごす経験をして、たましいを向上させ、また、いずれ、コップ全体の中に戻っていく。そして、また、一滴が生まれて・・・という、繰り返しで、コップ全体の水の純度が向上していく、と。

私は、これらの説明をするときには、「会社の本支店」にたとえて伝えています。

あちらの世界にある、たましいのふるさとは「会社の本店」で、そこから分かれて今回の人生を生きている私たち人間は「現世に出された支店」です。

そして、本店では、支店の指導やバックアップを含めた全体業務を統括していて、生産性を伴う営業活動は、支店のみで行っているようなものです。

支店での売上は、グループ全体の業績に貢献します。支店での売上というのは、この世で私たちが経験するさまざまな事象を通して、たましいを向上させることが該当します。

本店は、支店の活動をバックアップします。常に見守っていて、軌道修正をしてくれたり、必要なサポートを与えてくれたりしますが、同時に、支店の自主性も尊重しているので、やたらに口出しはしてきません。なぜなら、支店の自力を鍛えることが、そのままグループの底上げにつながるからです。

私たちの今の人生は、グループソウルという本店から、数十年の期間を設定した、日本への出店です。

そして、いつか、日本での営業活動を終えたら、たましいの部分は、本店へと吸収されていきます。支店での業績が消えてなくなるわけではありません。本店に融合していき、ひとつになっていきます。

そして、またいつかの時期に、今度はフランスに出店しよう、と決めるとします。それが、来世です。

そのときは、日本支店で培ったものを含んでいますので、前回の出店時よりも、ある部分においては楽に営業活動が送れるでしょう。

しかし、文化の違いその他で、日本の出店時には経験しなかった、新たな困難にもあうでしょう。そのすべてが学びであり、グループ全体の向上に繋がっていくのです。

ときに、グループの向上を考えたときに、日本とフランスに同時に出店して、それぞれ営業活動を行うことがベターだ、たくさんの経験が積める、と判断されることもあるでしょう。それが、いわゆる「ツインソウル」です。

tulipブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします

  人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 霊感が強い人の特徴、「感情の起伏が激しい」。 | トップページ | 直感力とは、思考の瞬発力でもある »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

いつも、リカコさんのブログで、有り難く勉強させて頂いていますm(_ _)m

質問があるのですが・・・sign02

○そうしてmaxまで向上したグループソウルはどうなるのでしょうか?
また、そこから行き着く先は何処なのでしょうか?

○Aの魂の経験の為に、Bの人が亡くなったとしたら、Bは、初めからそうなる宿命だったのでしょうか?

もし、宜しければ、お答え頂けたらと思いますm(_ _)m


投稿: し~ちゃん | 2011年1月20日 (木) 09時44分

こんにちは(^O^)はじめまして
いつも拝見させて頂いております
ありがとうございますm(__)m

質問です
グループソウルというのは
前世も共有しているということでしょうか?
同じ魂ばかりが生まれ変わるわけではないのですよね?
グループソウルの中で魂の生まれ変わる順番があるのですか?
???ばかりですみません
どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

投稿: momo | 2011年1月20日 (木) 11時46分

*し~ちゃんさま

MAXまで向上していくと・・・その先は、さらに上へと向かい、私たちが、今回の人生を終えて、一滴が、大元に戻っていくように、さらに上昇に向かい「融合」していくのではないでしょうか。

A子の経験のために、B子が犠牲になる・・・というような事例を想像するから、分からなくなるのだと思います。すべてカルマの法則と波長の法則が関連しているのであって、一方的な犠牲で割を食うような仕組みはありません( ̄∀ ̄;)。

A子の経験のために、B子がなくなったように見えても、それは、あくまで「A子の側からみたときに、そういう役割を果たしてくれた」のであって、B子の側には、B子のたましいの事情が存在するわけで・・・、B子に起こったことを、「A子のため」という狭い視点で解釈しないほうがいいと思います。双方から考える視点が大切ですね。

投稿: リカコ | 2011年1月20日 (木) 12時32分

*momoさま

ソウルというのは、たましいですから・・・、たましいは、区分けのないものなので、グループソウルを、数人の人がスクラム組んで、団体を組んでいるようなイメージでとらえると、逆に分かりにくくなるかもしれません。

ブログの説明の、「コップの水」で考えてください。コップの水は、水滴の集まったもの、とは言えますが、これは水滴1で、これが水滴2で、こちらが水滴3で・・・とは、分けられませんよね( ̄∀ ̄;)。「コップの水、という全体」で、とらえて考るとよいと思います。

たとえば、今の人生が「水滴1」で、次の人生が「水滴2」だとして、それらが同じグループソウル、という意味では同じでしょうし、別の人生、だと定義すれば違うのでしょうし・・・、これらの話は、私たちの現世的な感覚で、○×や白黒をつけるようには、明確には定義がつけられないものではないでしょうか。

投稿: リカコ | 2011年1月20日 (木) 12時43分

いつも、ためになるお話をわかりやすい文章で書いていただき、ありがとうございます。

私もこちらの記事に関し質問させていただきたいのですがm(_ _ )m

・・・と言うことは、(唐突ですみません)ひとつのグループソウルから、現世に出店しているのは一支店/ 一滴のみ(ツインソウルを除く)ということになりますでしょうか (;・д・)??

投稿: ciscorn | 2011年1月20日 (木) 16時24分

*ciscornさま

そうですね、基本、そうなりますね。以下の過去記事にも書いてありますので、ご参照いただければ、と( ̄∀ ̄)。

http://lapis-lazuli.way-nifty.com/true/2010/11/post-23.html

投稿: リカコ | 2011年1月20日 (木) 16時43分

リカコ様

ご返信ありがとうございました。
リンクの記事も拝見させていただきました。
とてもわかりやすかったです(^_^)

投稿: ciscorn | 2011年1月21日 (金) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 霊感が強い人の特徴、「感情の起伏が激しい」。 | トップページ | 直感力とは、思考の瞬発力でもある »