« 霊感が強い人の特徴、「恋愛関係において、気が多くなりやすい」。 | トップページ | グループソウルの解釈=生まれ変わりの仕組み »

2011年1月17日 (月)

変えられる人間関係と、変えられない人間関係からの学び。

気が合う人だけに囲まれて生きることは難しく、家族、友人知人、仕事関係、親戚などの、多くの人の中には、まったく気が合わなくて、付き合いが大変だと感じる人もいるでしょう。

人間関係の苦労もまた、大切な学びの一つだと言えます。ときに、思い通りにならない関係から、自分が何に気づいて成長していけばよいのかを、示してくれる目安になっていきます。

自分が相手に合わせることを学ぶ場合もあれば、相手にはっきりと意見を言うことが学びとなる場合もあります。ときには、相手との付き合いをやめるという選択が、自分にとって最善となる場合もあります。

自分が今、直面している人間関係の問題点について、どのように対応していけばいいのかを考える場合に、「簡単に変えられる関係」か「簡単には変えられない関係」かを、基準に考えてみることも有効だと思います。

友人や恋愛の相手は、自分がその気になれば、変えることができる相手です。ならば、ときには、相手との付き合いをやめることで、悩みが解決する場合もあるでしょう。気が合わないと分かっていながら、我慢して耐えているだけが良いとは限りません。

一方、家族や仕事の付き合いというのは、そう簡単には変えることができません。そのような相手とは、長い付き合いから学ぶ要素がある(から、そのような出会い方をする)ことになります。

これらの関係は、この世の中が、すべて、「自分に必要なことしか起こらない」というカルマの法則と、「同じ要素を持つ人同士が引き寄せあう」という波長の法則により、成り立っていることから、逆算的に把握できるのです。

友人との関係も、場合によっては、付き合いを絶ちにくいこともあると思います。たとえば、人口の少ない場所に住んでいて、ほとんどが知り合いという環境で生活している場合です。そういうときは、「友人でさえも、距離を置きにくいという環境で、生活している」こともまた必然なのです。

この世は、自分に必要なことしか起こりませんから、気が合わない人とでも、関係を絶たずにうまくやっていくことが、自分に必要な学びなのかもしれません。それで、人口の少ない地域に生まれてきた、という可能性もあるでしょう。

または、環境を変える(引っ越し等)ことを、促されている場合もあるかもしれませんね。その場にとどまらずに、別の生き方を模索したほうが自分のためになる場合に、周囲の環境におけるトラブル等を利用して、変化や決断に至るように仕向けられることもあります。

そこまでの気付きに至るには、深い洞察と分析が必要になりますが、まず、初歩的な区分けの方法として、問題を抱えている人間関係は、自分がその気になれば、関係を変えることができるか、それとも簡単には解消できない関係なのか、という点から、分析してみるのもいいと思います。

*ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 霊感が強い人の特徴、「恋愛関係において、気が多くなりやすい」。 | トップページ | グループソウルの解釈=生まれ変わりの仕組み »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

りかこさんおはようございますm(__)m

まさに今、職場での人間関係の問題に直面しています…

私自身、人に嫌われる事を恐れ、言いたい事をはっきりと言えず、相手の気分次第でキツくあたられる事もあり、それを我慢してしまいます(:_;)

妬みが多く、平等の扱いでもなく、入社して三年それも学びだと思い今日に至りますが、去年の夏から毎日仕事を辞める事しか考えられず、今の仕事はただただ生活の糧の為、自分の仕事への目標も失いつつあります…


自分の学びだと思いこれを乗り越える事も大切だと自分でも分かっていますが…


限界を感じ、心が折れてしまっている今は状態です(:_;)


毎日りかこさんのブログを拝見させていただいて励みにさせていただいてます。

投稿: りこ | 2011年1月17日 (月) 09時31分

*りこさま

おはようございます。毎日お読みいただけて光栄です。ありがとうございます( ̄∀ ̄)。

>自分の学びだと思いこれを乗り越える事も大切だと自分でも分かっていますが…

私は、ブログでよく、「それも学びとして、乗り越えていき・・・」ということを書いています。それは、多くの方が目にしますので、どなたにも当てはまるように、解釈が限定されないような表現を使っています。

けれど、自己分析をする場合には、そういうあいまいな考え方は不向きです。たとえば「学び」とは、どの部分が、誰の学びなのか。「乗り越える」とは?我慢することでしょうか、それともはっきり言うことでしょうか。何をどうすれば、乗り越えたことになるのか、・・・など、そういうふうに「具体的に」考えていかないと、自分が、今何をどうすればいいか、分かりにくくなってしまうと思うのです( ̄∀ ̄)。

悩んでいる方の多くは、そういう具体的な分析ができていなくて、現状という結果「だけ」を、○か×かに定義づけしようとして、混乱しているか、疲れ果てて何も方法がない、と思いこんでいます。

物事は、原因があって、結果があります。結果だけを何とかしようとしても、そこに原因がある以上、簡単には変わりません。変えたいと思ったら、原因にアプローチする必要があります。

原因を探すために分析していけば、得られるものがあると思います。けれど、結果を変えたい、という視点で分析しても、(原因を考慮しなければ)具体的な方法は見つからないでしょう。

話は戻りますが(笑)、つまり、あいまいにせずに、具体的に分析する、ということは、現状を我慢するとかしないとかの表面の事象ではなく、現状の「原因」を、見つけることです。

参考になりましたら幸いです。


投稿: リカコ | 2011年1月17日 (月) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 霊感が強い人の特徴、「恋愛関係において、気が多くなりやすい」。 | トップページ | グループソウルの解釈=生まれ変わりの仕組み »