« 「何もしない」という選択が、最善であるケースもある。 | トップページ | ○スカイプの使い方。 »

2011年1月 8日 (土)

離婚を考えるとき。

お付き合いが深まっていき、この人と人生を歩んでいこうという気持ちになり、結婚に至ったはずも、いつの間にか心が離れてしまい、離婚してしまう場合もあります。

一般に、結婚よりも離婚のほうが大変だ、などと言われますが、これから新たに作り上げるよりも、既に出来上がっているものを壊すほうが、精神的な面も含めて負荷大きいということなのでしょう。

そのため、離婚というものに、大きな拒否反応を示してしまったり、「我慢しきれなかった自分が悪いのではないか」と、深刻に悩んでしまう方も多いものです。

一度心に決めた相手と、添い遂げられたら理想的ではありますが、しかし、離婚という選択があってもいいと思います。わがままで投げ出したような離婚はいざ知らず・・・、努力をしたけれども、どうしても無理だと思う場合は、お互いに、別れという選択をとったほうが、今後の人生を有意義に生きることを考えて、ベストとなることもあるでしょう。

家を建てる際には、三軒目で理想通りの家になる、などとよく言われます。いろんな夢を抱いて設計しても、いざ住んでみると、現実的に使いにくさが出てしまったりして、改善点が見えてくるものだと思います。

日常生活でも、「○○と思っていたけれど・・・、やってみたら、どうも違ったようだ」と感じる事例は、いくらでもあります。

人間関係にだって、そういう可能性はあるわけで・・・、離婚だけを、とても悪いもののようにとらえてしまわないほうがいいでしょう。実際に、結婚という形態をとってみなければ、相手や自分のことが、見えにくい場合もあるからです。

実際に、そのような状況にある方は、「私たちは、離婚する運命だったのだろうか」と、あらかじめ、結婚して離婚する、という決まった筋書きがあったかのように、考えてしまうかもしれませんが、そういうことではありません。

未来は、その時々の積み重ねにより、自分たちで作り上げていくものですから、離婚も、お互いが引き寄せた結果だと言えます(重ねて申し上げますが、離婚が悪いわけでも、失敗というわけでもありません。)。自分を被害者のように考えるのは、やめたほうがいいと思います。そのような甘さを持っていると、また、この先も同じような現象を引き寄せてしまうからです。

また、今、とてもうまくいっているご夫婦間でも、「離婚しない」という確約があるわけではないのです。どうなるかは、その過程における、自分(と、相手)しだいで変わってくることです。

お互いのために、離婚という選択が最善だ、と思うのならば、前向きにその選択肢をとる行動があってもいいのです。すべての経験を糧として、この先に活かしていく意欲が大切です。

*ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 「何もしない」という選択が、最善であるケースもある。 | トップページ | ○スカイプの使い方。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

リカコさん、いつも 良い学びの機会を与えてくださり、本当にありがとうございます(*^_^*)


ところで 一つお願いがあります。 “アセンション”について 書いていただけないでしょうか? 私的には エネルギーの上昇にともない、人々の意識も向上していき、より霊的な生き方ができると考えます。しかしネットで検索してみると不安をあおるようなことや理解に苦しむことが書いてあります。
宜しかったら、リカコさんのお考えを書いていただけませんでしょうか?

投稿: りーしゃん | 2011年1月 8日 (土) 10時14分

今私は離婚を考えています。主人が浮気をして
その人との結婚を決意したからです。
主人から離婚してほしいと言われました。
私にとって離婚は、悪い、失敗という気持ちが
あります。こんなことをされても
離婚をする事に抵抗があるんです。
でも、今日のブログを読ませていただいて
自分の中の何かが変わった気がします。
自分を大切にするためにも、この経験を活かして
前を向いて生きていきます。
ありがとう☆

投稿: あや | 2011年1月 8日 (土) 10時20分

*りーしゃんさま

リクエストありがとうございます。私の個人的考えでは、巷で言われているような、ファンタジーな?アセンションというものは「ない」と考えています。

最近出版された、江原さんの新刊「前世」にも、アセンションは起こり得ない、と書いてありましたね。

*あやさま
頭でわかっていても、感情はそう簡単には割り切れないので、抵抗があって当然であり、自然なことだと思います。

けれど、それらの気持ちも、いつか時間が解決してくれますし、すべては「プロセス」であり、その先の長い人生を見据えてみると、どうせ再スタートするならば、早いほうがいい、という考え方もできます。

明るい未来が、ありますように・・・fuji

投稿: リカコ | 2011年1月 8日 (土) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「何もしない」という選択が、最善であるケースもある。 | トップページ | ○スカイプの使い方。 »