« 変化を恐れる気持ちとは、「自分の考え方を変えることへの恐れ」でもある。 | トップページ | シンプルに考えれば、すべて自分に原因があり、自分の手で未来を作っていける、と分かる。 »

2010年12月30日 (木)

スピリチュアルな知識は、実践することで、使える知恵として身につく。

スピリチュアルな知識は、実際に、自分が毎日の生活の中で活用していくことで、理解も深まっていき、そして身についていきます。

スピリチュアリズムに興味をお持ちの方は、広い意味で「霊的に成長していくこと」を望んでいると思うのですが、そのためには、知識を、実践することで、使える知恵として身につけていくことが大切です。

「カルマの法則とは、○○○で、波長の法則とは、○○○」と、文章を暗記するだけでは、霊的に生きているとは言えませんし、霊的な成長にも結び付きません。

実践のためには、法則や仕組みを、知らないよりは、知っているほうがいいけれど・・・、しかし、知っている「だけ」では、本当の理解に至ることはありません。

私たちは、あらゆるものを体感するために、わざわざ「肉体を伴った、今回の人生という経験」をしています。

頭の中での理解も、「気付き」も、霊的な成長のための、助けになることは確かなのですが、実際の体験を伴う理解は、気付きや納得の「深さ」が違います。

それらを存分に経験し、感動を伴う気付きとして、深い納得をするために、現世というこの場所と、今回の人生という学びのシチュエーションが与えられているのですから、一つでも多く、たくさんの経験をして、泣いたり笑ったりしながら、学んでいく姿勢が大切です。

知識のみを仕入れることが先行して、頭でっかちになっている人は、スピリチュアリズムと、この世を生きる自分という存在の関わり方について、視点を変えて考えてみるのがいいと思います。

たぶん、そのような方は、スマートにスピリチュアリズムにかかわって、霊的な生き方をしていきたい、という気持ちが、強すぎるのではないでしょうか。

その気持ちは、分からないではないけれど・・・、この世という世界は、そんなにスマートには生きられないようになっています。泣いたり笑ったり、ときに、転んで痛い目をみるという経験もしながら、その中から、学びを得て、成長していくための学びの場が、現世です。

頭の中だけで理解するほうが、時間が短縮できそうに思えるかもしれませんが、肝心なところは、「経験しないと、分からないようになっている」ので、結局、踏み出すまでに時間がかかればかかるほど、遠回りをしていることになります。

大切なのは、「実践」です。しかし、「完璧」に実践する必要はありません。

自分が、今できる範囲での最善を行っていけばそれでOKです。そして、「今の自分にとっての、最善」のラインは、成長とともに移り変わっていきますから、その時を楽しみに、まずは、目の前にある日常の中で、やれることから取りかかっていきましょう。

*ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 変化を恐れる気持ちとは、「自分の考え方を変えることへの恐れ」でもある。 | トップページ | シンプルに考えれば、すべて自分に原因があり、自分の手で未来を作っていける、と分かる。 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 変化を恐れる気持ちとは、「自分の考え方を変えることへの恐れ」でもある。 | トップページ | シンプルに考えれば、すべて自分に原因があり、自分の手で未来を作っていける、と分かる。 »