« オーラの中に、不要なエネルギーを帯びている状態を改善する方法。 | トップページ | 変化を恐れる気持ちとは、「自分の考え方を変えることへの恐れ」でもある。 »

2010年12月26日 (日)

オーラの大きさは、移り変わりのある、「状態」の反映で、変化する。

オーラの大きさは、もともと備えている資質や性質の表れとして見て取れますが、その時々で、大きくなったり小さくなったりの、「状態」を表すこともあります。

通常、私がリーディングでお伝えしているのは、前者の要素、備わっている性質の表れ方としての大きさを中心に、(必要があれば)その時の状態をプラスしてお伝えしています。

移り変わりのある「状態」の大きさには、感情などの、そのときの心のあり方が反映していきます。

自信を持って振舞っているときや、気持ちが前向きになっているとき、何かに集中して夢中になっているときなどは、いつも以上に大きく広がったオーラになっていることが多いです。

緊張しているときや、困っているとき、自信がない場面に直面しているときなどは、一時的にオーラが小さく縮こまった状態になります。

その人が備えている、元々の大きさは、そう簡単には変えられませんが、移り変わりを反映する「状態」の部分は、都度変わりますので、まずは、こちらのほうから整えていくようにすると、だんだんその状態が、習慣化していくようになります。

オーラを明るく透明感のある状態に整えていくと、意識が反映してオーラが大きく広がりやすくなり、影響力や存在感を発揮しなければならない場面が、楽にこなしていけるなど、自分に有利になることも多いでしょう。逆に、目立ちたくない場面でも、オーラを広げないようにすることも、念の力が強い人で、オーラの状態が整っている人なら、出来るかもしれません( ̄m ̄*)。

オーラが明るく透明感のある状態になっていけば、・・・それは、伝達を遮るものがなくなる状態、でもありますから、その時の心境が、より反映しやすくなります

たとえば、影響力を行使したいときには、その意識が(オーラ透明感があるほど、伝達力が増すので)強く反映しやすくなり、オーラが広がっていくために、影響力という作用が生まれる、というような仕組みです。

自分の心の状態が、オーラの「状態」であり、そして、状態が習慣化していくと、やがて本質にも反映していくようになります。そうなるまでには、結構な時間と、努力は必要になりますが。

オーラの状態は、自分が変わることによって、いくらでも変わっていくものなのです。

*ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« オーラの中に、不要なエネルギーを帯びている状態を改善する方法。 | トップページ | 変化を恐れる気持ちとは、「自分の考え方を変えることへの恐れ」でもある。 »

03.オーラ」カテゴリの記事

コメント

先日の、霊視の記事を拝見しました。
霊視の信憑性について意見の伺いたくて
何人かに聞いてます。
私も霊視を受けた一人です。あまり深く考えずとびついて
しまいました。いざ終わってみると、人の人生って
それで決められてしまうのかなって。
母親との問題があって、そこを解消すれば病気も治る
っていわれました。大丈夫だって。
相談中に笑いながら話されたのにはビックリしましたが。
私が深く考えすぎでしょうか?

投稿: あっち | 2010年12月26日 (日) 09時54分

*あっちさま

それは、私のリーディングを受けてのご質問でしょうか?

投稿: リカコ | 2010年12月26日 (日) 10時56分

リカコさんではないです。
同じ感覚を持つ人なら(霊的なことがわかる人)客観的に答えていただけるかなと
感じたので質問しました。

投稿: あっり | 2010年12月26日 (日) 11時34分

*あっりさま

「霊視の信ぴょう性」と一口にいっても、○か×かでは、計れないと思います。それはたとえば、「医学に信ぴょう性はあるか?」といっても、ある部分においては「ある」でしょうけれども、未知の部分だってあるのと同じで、どんなことにも当てはまると思います。

霊視そのものが、魔法ではないこと、何でも当たるとは限らないことは、過去の記事で書いているとおりです。しかし、どこまでが当たるか、について、「ここまで」とは言い切れません。物ではないので、明確な基準はつけられません。

また、私は、自分の霊視については、お答えできる部分もありますが、他の方の霊視について、お答えすることはできません。

たとえば、近所の八百屋さんにいって、「隣町の八百屋さんで買い物をしたら、商品がこんな様子だったのよ。それは、どういうことでしょうか?」と聞いても、どんな経緯があったのか、何をどうしてそうなったのか、分からない以上、答えようがないものではないでしょうか( ̄∀ ̄;)。

あなたが疑問に思っていることは、あなたを霊視したご本人との間で、解決するほうがいいと思います。

相談中に笑いながら話された、という点についても、あくまで私ならば、ですが、深刻な相談に対して、こちらも深刻になっては重たい雰囲気になりますので、私のセッションは明るいですし、話ながら笑いもたくさん生まれます。しかしながら、あなたがお会いになった霊視者さんが、どんな意図からそうしたのか、また、あなたがそれをどう感じたか(たとえば、不愉快になった、不安になった等)も、分かりませんので、やはり、私がお答えできる質問ではなさそうです。


投稿: リカコ | 2010年12月26日 (日) 12時02分

私とのかかわりがないなかここまで丁寧に答えてくださり
ありがとうございます。最初は、聞いて欲しくて
必死になってたのでわからないですが、最後のほうは
あまり心地の良いものではなかったです。
結局は人の言葉で振り回された私に問題があったのかなと
思います。

投稿: あっち | 2010年12月26日 (日) 13時42分

*あっちさま

どんな職業を持っている人も、特殊技能を備えている人でも、いろんな性格の人がいるわけで、善い人もいれば、そうでない人もいるでしょうし、善い人であっても、自分と気が合うとは限りませんし、また、提供する技術やサービスが、自分の求めているものに合うとも限りません。

結局はすべて、「人」であって、「霊視」とか「霊能者」とかのくくりではないと思うのです。

人物を見抜く目を持っていけば、判断基準がどこにあるかがわかり、振り回されることはありませんね( ̄∀ ̄)。

投稿: リカコ | 2010年12月26日 (日) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーラの中に、不要なエネルギーを帯びている状態を改善する方法。 | トップページ | 変化を恐れる気持ちとは、「自分の考え方を変えることへの恐れ」でもある。 »