« 物を捨てると、幸せになれるか? | トップページ | 前世の回数が少ない人も、多い人も、今回の人生における大変さは同じ。 »

2010年12月22日 (水)

霊視の映像は、瞬間的に一部が見えて、全体は見えないことも多い。

対面やスカイプ通話でのリーディングのお申込みの際に、相談内容をメールで先にお知らせいただく形式にしているのは、ご依頼者さまが望んでいることと、私が対応できることとの、ミスマッチを防ぐためです。

霊能力に、過剰な期待をなさっていて、まるで魔法のように何でも分かるものと誤解なさっている方もいるので、ご期待に添えない案件は、理由を添えて、お断りしています。

たとえば「想念が伝わる」という内容でブログを書くと、「相手の思っていることが、何でも分かる」ものと勘違いなさって、ご相談をいただくことがあります( ̄∀ ̄;)。で、「相手の想念の一部が伝わることと、相手の考えていることがすべてわかるのは、同じではありません」と、説明させていただいています。

「未来は、自分の手で作っていける」と書くと、「未来を、何でも自分の思い通りにできる」と誤解なさって、「願いをかなえる方法を知りたい」というご相談をいただいたりもします( ̄∀ ̄;)。で、「自分しだいで、未来は変化していくのは確かだけれど、何でも思い通りに作ることができるという意味ではありません。それができたら魔法であって、現実的にありえませんよ」と、説明させていただいています。

・・・なかなか、スピリチュアリズムを理解していただくのは、難しいことなのだな、と日々、痛感しています。

霊視についても、「通常の視覚では、とらえられないものが、一部、映像でとらえられる」ことと、「魔法のように、何でもすべてお見通し」とは、同じではなく、本当にごく一部が、必要であれば見える、という程度のものです。

霊視力が高い人もいれば、低い人もいますし、見え方もそれぞれ違うと思うので、霊視で見える様子は同じではありません。また、その時々で、違いもあり、一定の見え方はなく、中には、瞬間的な映像で、ぱっぱっと、移り変わって見えるだけのこともあり、「何が見えているのか、何を意味するのか」は、把握が難しいことも多いです。

たとえば、ある景色のようなものが見えてくるときには、上下左右から、同時に見ている感覚があります。言葉にすると、あやしいですが(笑)、肉体の機能の目で見ているわけではないので、視野は前方だけではない感覚です。分離のない、霊的な感覚というのは、本来そのようなもの、なのでしょう。

しかし、それを見ている私は肉体を持った人間なので、限定されている分離の感覚で受け止めていますから、何がどう見えているのか(それとも、見えていないのか)、とらえきれなくて、ほとんどわからないまま、だったりもします。

先日、あるクライアントさんから、こんな話をお聞きしました。以前、お仕事のご相談をいただいたときに、私が「外国の景色と、ワイン色が見える」と、お伝えしたのだそうです。

その後、お仕事がきまり・・・、数年経った、つい最近、「よく考えてみたら、今の会社は、外国の企業との関連が深くあり、企業カラーはワインレッドだったことに気付いた」、と。

私がキャッチした内容は、当たっているような、的外れのような(?)、かなり微妙なところですが(笑)、すべてを把握できるわけではないので、はっきりとは分からないことも多いです。

上記のケースは、お仕事がその会社に決まることが、ほぼ確定していたからこそ、一部が映った(たぶん)のであり、必ず何かが見えるとは限りません。

未来予知のようなご要望には、お応えできないケースがほとんどです。

霊視とは、何でも見えるわけでもなく、見たいと望むものが見えるわけでもない、一部が映る(可能性がある)というだけものです。

能動的に、こちら側で見るものを決めることはできず、とても「受動的に起こるもの」なのです。

*ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 物を捨てると、幸せになれるか? | トップページ | 前世の回数が少ない人も、多い人も、今回の人生における大変さは同じ。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 物を捨てると、幸せになれるか? | トップページ | 前世の回数が少ない人も、多い人も、今回の人生における大変さは同じ。 »