« 前世でやりことした学びを、今回の人生で形を変えて経験することもある。 | トップページ | 霊視の映像は、瞬間的に一部が見えて、全体は見えないことも多い。 »

2010年12月21日 (火)

物を捨てると、幸せになれるか?

年末も近くなってきましたので、一年の区切りとして、使わなくなった物の処分を考えている方もいることと思います。

不要な物を抱え込んでいると、自分の周りに不要なエネルギーをため込んでいるのと同じで、何かと展開が遅くなったり、停滞したりしやすくなることも、確かにあると思います。

物があるから悪い、というのではなく、「使わない物でも、手放せない」「そもそも、不用品であるかどうかの判断もつかない」という自分の心境が、そうさせている、ということです。自分の周りの状況は、自分自身の表れです。

たとえば、心と体は連動していて、体を鍛えると心も鍛えられますし、心が不安定になると体調も悪くなることもあるように、関連のある要素は、一方に何らかの作用があれば、もう一方にも影響があります。

「自分と、自分の周囲」も、連動して存在していますから、それらの仕組みを、物に限定して当てはめると、不要な物を処分することで、自分自身も身軽になっていく部分はあるでしょう。

私たちは、(物も含めた)周囲の事柄に、良くも悪くも影響を受けていきますから、周囲を整えていくことで、自分も整っていく作用は期待できます。処分の際に、物を手に入れたいきさつなどを思い返すことで、自分を見つめなおす機会にもなると思います。

しかし、「物を捨てることが、イコール有意義」というような、あまりに短絡的な解釈をしないように、気をつけなければなりません。

物を処分することにおける、動機だったり、過去への気持ちの整理だったり、そのための行動だったり・・・、それらが総合的に作用して、自分にも影響がでるのであって、その思考や行動という「経験」が自分に作用する仕組みです。

物を捨てるか否か、捨てさえすればいい、という解釈は、あまりにインスタントな、物質的価値観ではないでしょうか。

それはまるで、神社に行けばパワーがつく、水晶を身につければ守られる、○○を食べればやせる、と言っているのと同じになってしまいます;。

過去に、ひとり暮らしをすれば自立できるか?という内容の記事を書いたことがあります。大切なのは、精神的に自立することであり、ひとり暮らしでも依存的な人もいれば、家族と同居していても自立心が高い人もいるわけで、状況により決まるものではなくて、本人の精神的な成熟度により決まります。

けれど、やはり、私たちは、周囲の状況から良くも悪くも影響を受けることは確かなので、一人暮らしをすることで、自立心が身についていく可能性は、高くなると思います。

物を処分することも、それと似ていて、捨てさえすればいい、というわけではありませんが、周囲の物理的な状況をまずは変化させる、という形から入ったとしても、実際に行動をしてみれば、それなりの作用が出て、自分内面も変化していくことは、あり得るでしょう。

そのような考え方でいえば、不要なものを処分する機会をきっかけにして、より輝く生き方をしていくこともできると思います。

*ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 前世でやりことした学びを、今回の人生で形を変えて経験することもある。 | トップページ | 霊視の映像は、瞬間的に一部が見えて、全体は見えないことも多い。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前世でやりことした学びを、今回の人生で形を変えて経験することもある。 | トップページ | 霊視の映像は、瞬間的に一部が見えて、全体は見えないことも多い。 »