« 幼少期を含む、若いころの苦労が、「頑張りすぎ」を生むこともある。 | トップページ | 生まれる前に、「今回の人生の青写真」を、どこまで描いているか(1)。 »

2010年12月 3日 (金)

「悩むことができる」という、幸せ。

表面的には、どれほどに恵まれていて満たされているように思える人でも、心の中には、なにかしら、不満があったり、悩みがあったりするものです。

私は日々、お悩みをお持ちの方からの、ご相談をお受けしています。仕事の悩み、恋愛の悩み、子育ての悩み・・・、それぞれの理由と状況で、お悩みを抱えていらっしゃって、「今、とても苦しい」「とても辛くて、大変だ」と、異口同音におっしゃいます。

「悩む」という心の状態は、本人にとっては、本当に苦しいものなのです。ポジティブな考え方に切り替えていくのが望ましいとは、皆、頭では分かっています。分かっているけれども、そうするだけのパワーがない状態になります。

それらは、主に、頭の周りのオーラに現れますが、心のエネルギーが低下している状態は、本来外に広がっているはずのオーラが、縮んで内にまきこんでいるような状態になり、「活力不足」になっているのがよくわかります。

その状態にある人に、悲観的になるな、というのは、かなり無理な注文で、エネルギーが不足している状態で、あれもしなければいけない、これも考えなければ・・・となると、ますます消耗していき、もとのあるべき状態のエネルギーに、戻っていきにくくなります。

不足している力で、たくさんのことをしなければならない(その中には、「悩む」という行為も含まれます)となったら、ネガティブな考え方に偏ってしまうものです。

他の人から見れば、「それくらい」とか「そんなこと」と、思うようなことでも、本人にとっては、辛いものなのです。悩みそのものも、悩んでいる状態にある自分の波長も、重く感じられ、出口のない迷路にいるような気持ちになってしまうのです。

けれど、「悩むことができる、幸せ」というものがあると思います。

「子供が、言うことを聞きません」 ~子供がいるからこそ悩みです。子供がいるのは、幸せです。

「上司と気が合わずに、仕事が辛いです」 ~この不景気で、就職ができない人がたくさんいる中、仕事に就いているのは、幸せです。

「パートナーと、ケンカになります」 ~ケンカできる相手がいるのは、幸せです。

不満が生じるのは、「不満を感じられる対象がある」ということです。もしも、不幸になったらどうしよう、とか、パートナーと別れることになったらどうしよう、と心配になるのも、「今、手の中にあるもの、守りたいものが、たくさんある」からですよね。守りたいものが増えていくほど、人は、「失う恐れ」が出てきて、心配や不安が増えていきます。

多くの方は、「悩みがある私は、不幸だ」と、思っています。先にも書いたおとり、「そのような心境になるときは、悲観的にしか考えられなくなっている」ので、なかなか、気持ちを切り替えられないかもしれません。

しかし、「悩むことができる」のは、悩ませてくれる対象が身近にあるからです。「失う恐れがある」のは、守りたいものがたくさんあるからこそ出てくる感情です。

身近にコミュニケーションをとる相手がいて、守りたいものがたくさんある、この状況は、ありがたいことではないでしょうか。

物事の見方を変えて、今ある現状に感謝をしていければ、それにつれて、悩みの比率も小さくなっていくと思います。悩みが、完全に無くなることはないでしょう。 しかし、比率を下げて、「悩みに、とらわれてしまう」状況からは、抜け出すことはできます。感謝の気持ちと、真理への理解が、助けとなってくれるでしょう。

*ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

  人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 幼少期を含む、若いころの苦労が、「頑張りすぎ」を生むこともある。 | トップページ | 生まれる前に、「今回の人生の青写真」を、どこまで描いているか(1)。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私も最近「悩むことができる幸せ」がわかるようになってきました。悩んでいる時は、○○が足りないというように、ないことに目がいってしまうのですが、離れて別の方向から見て見ると、違うものがちゃんとあるということに気付き、そうすると、感謝の気持ちも出てきます。物事の見方を変えることは、悩みの状態から抜け出す助けになりますね。

投稿: シドニーローズ | 2010年12月 3日 (金) 15時24分

*シドニーローズさま

そうですね、視点を変えると、別の価値観が生まれて、今まで見えなかったものが、見えてきますね。すべて「自分しだい(で、変わる)」ということなのでしょうね。

投稿: リカコ | 2010年12月 3日 (金) 16時37分

はじてめお邪魔します。
最近人間関係でとても悩んでいたのですが、たしかに喧嘩できる相手がいるっていうのはとても恵まれいるんだなーと思いました。今日あたり素直にあやまろうかと思います^^

投稿: 更紗 | 2010年12月 3日 (金) 19時39分

*更紗さま

「出来事」だけを考えると、イライラしたり辛くなったりするものですが、その「出来事を経験できる状況」を含めて考えると、幸せなものが、たくさん見えてくるもので、「自分の受け止め方次第で、変わる」ということなのでしょうね( ̄∀ ̄)。

投稿: リカコ | 2010年12月 3日 (金) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幼少期を含む、若いころの苦労が、「頑張りすぎ」を生むこともある。 | トップページ | 生まれる前に、「今回の人生の青写真」を、どこまで描いているか(1)。 »