« やりたいことが出来ない状況もまた「必然」であり、気づくべき「何か」がある、ということ。 | トップページ | 前世でやりことした学びを、今回の人生で形を変えて経験することもある。 »

2010年12月19日 (日)

オーラの「透明感」がもたらす作用。

オーラは、想念などのエネルギーをキャッチする作用があります。透明感があって、キメが細かく、大きなオーラをしている人ほど、敏感に、いろんなものを受け取っていきます。

大きなオーラをしている人が、小さなオーラの人よりも、キャッチしやすいというのは、面積の比較を考えれば分かると思います。大きな器と小さな器を比べれば、前者にたくさんの物が入るスペースがあるのと同じ理屈です。

キメ細かさは、バックネットの網目と、洗濯ネットの網目を比較すれば、引っかかるものが多いのは、細かい網目のほうになります。

透明感の作用とは、受けとるものの精度、フィルターのような役割です。透明でくもりが少ないほど、そのままのエネルギーを、バイアスを掛けずにキャッチすることができます

くすんでいると、「くすんだフィルターを通して、情報その他をキャッチしてしまう」わけですから、自分の思いこみが入ったり、自己投影がなされたり・・・、「今の自分の状態(が、オーラの状態なので)を通して、情報や相手を判断してしまう」ことに繋がります。

直感力を高めたい方は、キャッチする量を大きくすることを考えがちですが、「量」も大切かもしれないけれど、「質」も同じくらい大切です。

自分がネガティブになっているときは、相手の発言や態度の中に、ネガティブなものばかり目につきやすくなります。

ネガティブな部分は、誰の中にもありますが、ネガティブだけの人などいないのに、そこばかりがクローズアップされるのは、自分のフィルターの状態が、投影されているためかもしれません。

この点は、気をつけていく必要があります。分かった気になって、相手を決めつけたり、批判したりしないよう、常に自分を省みて、謙虚になっていくことが大切だと思います。

オーラの透明感が高まっていくと、~それはつまり、こだわりや思いこみが、自分の中から除かれていくことになるので、さまざまな感覚の精度も、比例して高まっていきます。

私の師匠が、かなり昔ですが、ある外国人のヒーラーだかに会ったことがあって、「オーラの中に、ひとつのくもりも存在しないくらいの、すごく透明で明るいオーラだった」と、話していたことがあります。実力もそのオーラが示すとおりに素晴らしく、「身内の名前まで、当てられた」そうです。

オーラの透明感は、霊感の大小には直結しませんが、フィルターになりますので、キャッチしたものの「精度」には、やはり大きく関係してきます。

直感力を高める「コツ」を知りたいというご要望も多いのですが、精度を上げるためには、自分を見つめなおして、より高い心境になっていくための、日々の生き方が一番大切です。その部分が出来ていてこそ、「コツ」をお伝えすることができます。コツとは、基礎が身についている人の応用編として活かされるものだからです。

まずは、自分自身を、より向上させていき、オーラのくもりを除いて行くことが大切です。

自分が、以前と比較して、どのくらいクリアになったかを自覚するには、「周囲の人に対し、自分が抱く感覚や、見方が、どのように変化したか」を省みれば分かります。以前よりも、相手を深く見られるようになったならば、自分の感性も深まったことになります。以前には気付かなかった部分に気づくようになったら、それだけ視野が広がった、ということです。

自分の未熟な部分を認識し、改善していく過程は、苦しいところもあるけれど、しかし、その苦しみ以上の価値あるものが、得られていきます。

自分の周囲に、今まで気づかなかった美しいものを見出したり、神秘を感じたりするのは、喜びに繋がります。成長を実感するのは、とても幸せで満たされる経験です。

特別な何かを得る必要はありません。不要なものを、除いていけばいいのです。オーラの透明感や明るさを損なうような要素を、除いていけば、遮るものがなくなりますから、「必要なものは、自動的に流れ込んでくる」ようになるでしょう。

*ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« やりたいことが出来ない状況もまた「必然」であり、気づくべき「何か」がある、ということ。 | トップページ | 前世でやりことした学びを、今回の人生で形を変えて経験することもある。 »

03.オーラ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!私がつい最近感じたことがここに書かれていたので、投稿させていただきました。ここ何日か気持ち下がり、なぜかそこから気持ちがもち上がらない状態が続いていましたが、旦那に話したり自分を見つめ直しました。上手くいって希望を見いだせた途端に疲れが出てきて気持ちが下がったのですが、そこで気付けた事もあったので、必要な出来事だったんだなぁと思います。この気付きがちょっとずつ貯まっていって成長に繋がるのかなぁ。とも思いました!

投稿: そら | 2010年12月19日 (日) 23時05分

*そらさま

成長するということは、変化することでもありますね。以前とは違う何かに気づけた、というのが成長、ともいえるでしょう。

>この気付きがちょっとずつ貯まっていって・・・

そうですね、積み重ねていくことが大切ですね( ̄∀ ̄)。

投稿: リカコ | 2010年12月19日 (日) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やりたいことが出来ない状況もまた「必然」であり、気づくべき「何か」がある、ということ。 | トップページ | 前世でやりことした学びを、今回の人生で形を変えて経験することもある。 »