« スピリチュアルな理解の「深まり」に、終わりはない。 | トップページ | 何が正しいのか、は、自分の解釈の深まりによって変化する。 »

2010年11月 8日 (月)

結婚か、仕事か。

未婚の女性に多い悩みのひとつに、結婚するかしないか、というものがあります。もしも、結婚しない、という選択をするならば、収入を確保するために、仕事への取り組み方も変えていかなければならないので、どのように考えていけばいいのか、という観点からの相談です。

結婚するなら、そのまま仕事を続けることも、辞めて家庭に入ることも、選べる場合もありますが、結婚しない(かもしれない)となると、自分でその先一生の収入を確保していく必要が出てきますので、結婚と仕事は、密接な関連を持つと言えます。

多くの場合、どちらかといえば結婚を望む気持ちはあり、しかし、さまざまな事情があって、結婚しない可能性もあるので、今から未来に向けて、仕事をどう考えていったらよいのか、という内容の相談になりますが、このような場合は、まずは「優先順位」をつけることをお勧めしています。

どちらも、密接に関連しているので、はっきり区分けをすることは難しいのですが、現時点では、どちらを望む気持ちが強いのか、と、改めて考えてみるとよいでしょう。

多くの女性は、結婚したい気持ちはあるけれど・・・、でも、しないかもしれない可能性を考えると、結婚のほうに意識を向けすぎて、仕事への比重を下げてしまった場合「あのとき、もっと仕事を頑張っておけばよかった」と、後悔するのではないか、収入面で大変な思いをするのは困るので、今から対策をしておく必要があるのでは、というところから、迷いが深くなってしまいます。

この状態で、どちらか一つを選ぶのは、(関連している以上)難しいですし、たった一つに決めてしまうのもリスクもあります。それに、どれほど考えても、未知数の要素が大きすぎて、絞りこむのは難しいと思います。

なので、「どちらかといえば、結婚を望む気持ちのほうが強い(多くの場合、そうなります)」ことを、自分の中で再確認し、優先順位をはっきりさせることが、まずは大切です。

結婚をしたい、結婚する、という意欲をもったなら、そのための行動をしていきましょう。もしも、しなかった場合に・・・なんて、考えることはありません。自分が優先順位を高くした選択肢に、一生懸命になってみてください。

自分が掲げた選択肢に、一生懸命になっていくと、何らかの種がまかれて、そしていつか何かが実ります。思った通りの結果ではないかもしれないけれど、何かの形で実りは得られるでしょう。

たとえば、「よし、私は仕事を頑張ろう」と決めたとします。その意欲の大きさや、実際の仕事ぶりに、ご縁が引き寄せられて、結婚することもあるかもしれません。仕事に生きようとしても、やはり結婚に行きつくこともあるでしょうし、逆に、結婚をしようとしても、仕事に行きつくこともあると思います。

しかし、どちらにしても、強い意欲を持てば、波長の法則により、その意欲と同等の「何か」が、引き寄せられてご縁が作られたり、まいた種が何らかの形で、「実り」となって得られていくと思います。

多くの人は、はっきりと答えを出してどちらか一方を選ぶ、ということは、もう一方の選択肢を捨てる、ということでもあるので、リスクがありすぎると考えると思います。けれど、どちらか一方の「優先度を高くする」ことなら、難しくはないはずです。あいまいなままでいるよりは、そのほうがどれほど有意義か。

どちらとも決めず、迷ったまま、あいまいなままで過ごしてしまうと、あいまいという種がまかれ、あいまいな結果が実り、あいまいなご縁が引き寄せられて・・・と、それが一番、「望む結果から、一番遠のいてしまう行為」のように思います。

自分の気持ちに、正直になることが大切だと思います。

どうしたいのか、どのように生きていきたいのか。本心を見つめてみましょう。

crownブログランキングに参加しています。1日1クリックお願いします♪

  人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« スピリチュアルな理解の「深まり」に、終わりはない。 | トップページ | 何が正しいのか、は、自分の解釈の深まりによって変化する。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スピリチュアルな理解の「深まり」に、終わりはない。 | トップページ | 何が正しいのか、は、自分の解釈の深まりによって変化する。 »