« 言動が「過剰」「やりすぎ」「がんばりすぎ」になってしまう理由。 | トップページ | ツインソウル(1) »

2010年11月27日 (土)

オーラの色と、ラッキーカラーとの関係。

スピリチュアリズムには、「ラッキーカラー」という考え方はありませんが・・・、たまに、「私にふさわしい、ラッキーカラーや、ラッキーアイテムを教えてほしい」というご依頼をいただくことがあります。

すべてのものは、「固有のエネルギー」を持っていますので、色もまた例外ではなく、それぞれの作用がありますが(つまり、何らかの効果は、期待できるとは思いますが)特定の色を身につけることで、幸せになれたり、ラッキーな棚ボタがあったりするわけではないです( ̄∀ ̄;)。

色もエネルギーですから、「波長の法則」で、そのエネルギーと同じような出来事や物を引き寄せる作用はあるでしょう。しかし、それ「だけ」で、努力もなく幸せになれたり、願いが叶ったりするわけではない、ということです。

その前提を理解していただいた上で、それでも、少しでも効果や作用を期待した色の使い方をしたい、というご希望の方には、私は、オーラの観点から、参考程度に、お伝えすることにしています

以前にもブログに何度か書いていますが、洋服の色なども、オーラに若干ですが反映していきます。

オーラの状態が、とくに問題なくバランスが取れている方には、備えている色のうちの、一番比率の高い色をお伝えして、「より、その性質を高め発揮していくために」という観点から、身につけていただくことをお勧めしています。自分に備わっているオーラの色は、外部からの色の作用も反映しやすい傾向があるからです。

特定のオーラの色(性質)が、過剰になっている場合は、その色を加えると、さらに過剰になってしまうので(笑)、逆に、中和させるような性質の色がふさわしいでしょう。

たとえば、赤いオーラの人が、より行動力を強めていくためには「赤」を、逆に、元気さが過剰になっている場合には、「赤以外の色(たとえば、青)」を、という感じです。

この程度しか、お伝えできないことを、ご了承ください。確かに色にも、エネルギーはありますが、色が幸せを呼ぶのではありません。あくまでも、サポートアイテムのような、少しの助けになる(可能性がある)というだけです。

特定の色や品物で、幸せになれることはありません。 カルマの法則、波長の法則、精神的な成長への理解を差し置き、「色だけ」を気にしたところで、ほとんど意味がありません。

すべては、「自分自身の在り方」が、大切なのです。その点をきちんと理解し、色や物に依存的になるのではなく、補助的に、色や物の作用を活用していく、という考え方がちょうどよいバランスだと思います。

*ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 言動が「過剰」「やりすぎ」「がんばりすぎ」になってしまう理由。 | トップページ | ツインソウル(1) »

03.オーラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 言動が「過剰」「やりすぎ」「がんばりすぎ」になってしまう理由。 | トップページ | ツインソウル(1) »