« 相手に合わせて、付き合い方を変える。 | トップページ | 認められたいのに、認められないのは何故? »

2010年11月22日 (月)

自分の「呼びかけ」があってこそ、相手からの反応が得られる。

「呼応(こおう)」という言葉があります。呼びかけに対する、答えや反応が返ってくるという、やりとり、コミュニケーションのことですね。

文字のとおり、まずは先に「呼びかけ」があり、それに対する「応答」があります。アクションがあって、相手からのリアクションが返ってくるわけです。

どんなこともすべて、やりとりというのは、「呼応」です。

種をまいてこそ花が咲くように、山に向かって叫ぶことでこだまが返ってくるように、「まずは、先に、呼びかける行為」をしなければ、反応は得られません。それは、意思的な(相手の反応を前提とした)呼びかけだけに限らず、無意識レベルのことも含めてです。

けれど、人は、まず「呼」よりも、「応」を先に求めようとするところがあります。自分が相手に何かをしてあげるよりも、まずは自分がしてもらいたい、その後で自分が返すならばよいけれど、・・・と、なかなか、先陣を切って「呼」の行動をとることができないのですね。

そのような気持ちは、誰にも存在するものですが・・・、しかし、やりとりというのは、「呼 → 」という順番であり、「応 → 呼」ではないわけです(笑)。反応を得たければ、まずは自ら、そのための呼びかけとなる行動を起こしていく必要があります。

例えば、誰にも教えていないメアドには、自分が望む反応は届かないはずです。それでも届くメールは、・・・迷惑メールくらいでしょう;。

撒かぬ種が実ることはありません。それは、良い意味でも、そうでない意味でも、です。世の中には、いろんな性格の方がいて、それぞれが素晴らしい独自性であり、優劣はありません。積極的にどんどん行動する人にも、どちらかといえば受身の人にも、それぞれに良い部分があります(一般には、積極性がある人がもてはやされますが)。

しかし、あまりに積極性を欠いた依存的な姿勢や、受身になりすぎることは、・・・やはり望ましいものではありません。まずは自分からの働きかけがあってこそ、反応を得られます。その反応には、ありがたいものも、そうでないものもありますが・・・、だからこそ、逆算的に、自分の「呼」が、相手にどういう作用をしていたのかを、顧みることも出来るのです。

*ブログランキングに参加しています。記事がお役に立ちましたら、以下のバナーをクリックして、投票をお願いします。

 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 相手に合わせて、付き合い方を変える。 | トップページ | 認められたいのに、認められないのは何故? »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相手に合わせて、付き合い方を変える。 | トップページ | 認められたいのに、認められないのは何故? »