« 自立心の強い人と、依存心が強い人の、「犠牲的パターン」。 | トップページ | 自分の「呼びかけ」があってこそ、相手からの反応が得られる。 »

2010年11月15日 (月)

相手に合わせて、付き合い方を変える。

人間関係がスムーズにいかない、相手に理解されない、という悩みは多いです。人が数人集まれば、気が合う人も、そうでない人もいるのが普通で、すべての人と、気が合うことはありません。

そういう意味では、誰もが、人間関係の葛藤を少なからず抱えていると言えるでしょう。悩みとはいかないまでも、ストレスになる原因の多くは、人間関係です。

人間関係を上手にできる人というのは、「相手に合わせて、付き合い方を変えることができる人」です。逆にいえば、上手にできない人とは、「相手に合わせて、付き合い方を変えることが苦手な人」です。

苦手な人は、一つの方法にこだわっていたり、自分のやりたいように(もしくは、自分がよかれとおもって)行動し、予想通りの反応を得られないと、(付き合い方を変えるのは苦手なので)そこから前に進めなくなります。

それぞれ別の人間なのだから、同じ考え方にならないのが当たり前なのです。その中で、相手となんとか上手くやっていく必要があるなら、自分の行動の仕方を、柔軟に変えてみることが大切です。自分がどのような行動をすれば、相手からの反応が得られるのか、という観点から考えてみることは、コミュニケーションの上でとても大切だと思います。

人間関係で、つまづいている人の多くは、それができていません。つまづいた場所、同じ所で立ち止まって、同じことを繰り返しています。その方法では、うまくいかない、という結果がすでに出ているのに、同じことを繰り返せば、・・・どうなるかは、明白だと思います。

たとえば、ピーマンが嫌いな相手のために、料理を作る際には、では、ニンジンに変えてみるとか、ピーマンだと分かりにくい工夫をするとか、アプローチの方法を変えることは有効ですよね。

それと同じで、人間関係も、相手の反応が思う通りに得られなければ、自分のアプローチの方法に工夫をして変化をつけることを、試してみるべきだと思うのです。 何もしないまま、悩んでしまうのは、ピーマンが嫌いな相手に対して、「ピーマンが嫌いだと言われてしまう。どうすればいいのか」と考えながらも、毎回、ピーマンの料理を作り続けているようなもの( ̄∀ ̄;)。それでは、なかなか、溝は埋まらないのです。

どんなことでもいいので、今までと違う方法を、取り入れてみるとよいでしょう。仮に、相手の求めていることと、多少ずれがあるとしても、受け入れられないとわかっていながらピーマンの料理を作り続けるよりは、違うものを提供していくほうが、ずっと有意義ですよね。少なくとも、「今までとは、別の反応」が得られる可能性があるわけですから。

立ちどまって悩んでしまう人は、相手の求めているものを、唯一無二の正解という形で知りたいと考えます。しかし、そう簡単に相手のことはわからないので、取れる方法が存在しないように感じてしまうわけです。

人間関係が上手な人は、方法を工夫します。バリエーションをつけていき、ではニンジンならばどうか、キャベツならどうだろう、と統計を取っていけば、たとえ相手の反応が変わらないとしても、「正解に、該当しないもの」が見つかっていくので、不要な選択肢を除外することができます。唯一無二の正解はわからなくても、不正解を除いていけるので、だんだん焦点があっていくようになるでしょう。

相手のほうだって、工夫して何とかしようとしている姿勢を見せられたら、たとえ自分の要求とずれていたとしても、悪い気はしないものです。それだけでも、相手の態度が軟化していくことだってあるのです。

「相手に合わせた、行動をとる」ことを考えてみましょう。もう少し具体的に考えるならば、「少なくとも、今までとは違う方法を試してみる」ことです。正解を簡単に見つけようとせず、「正解でない方法を、除いていく」考え方で、範囲を絞っていくという行動のほうが、取り掛かりやすいでしょう。

*ブログランキングに参加しています。1日1クリックお願いします♪

 人気ブログランキングへ

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 自立心の強い人と、依存心が強い人の、「犠牲的パターン」。 | トップページ | 自分の「呼びかけ」があってこそ、相手からの反応が得られる。 »

11.家族、恋愛、人間関係」カテゴリの記事

コメント

リカコさんへ
はじめまして・・と言っても
私には初めてではないのです。
以前のブログで「DOなび」スピリチュアルを読んでました。
ブログがなくなった後もキープして、時々させて頂いていました。

今回はリカコさんのブログとは知らずに繋がりました。
とっても驚いています。
でも、とても嬉しく思いました。

これからも、また読ませて頂きます。
よろしく。
                        まもり

投稿: まもり | 2010年11月15日 (月) 15時00分

まもりさま

ありがとうございます( ̄∀ ̄)。
知らずに、見つけていただいたのも、「必然」でしょうか(笑)。
こちらのブログは、ほぼ毎日更新していて、500ほどの過去記事がありますので、すべて読むのはなかなか大変なのですけれど( ̄m ̄)、どうぞよろしくお願いいたします。

メルマガも発行しておりますので、よかったらご登録くださいませ。

投稿: リカコ | 2010年11月15日 (月) 15時56分

はじめておじゃましました。
とても素敵なページですね^^
人間関係を改めて考えさせていただきました。
また、おじゃまします。

投稿: オーロラ | 2010年11月16日 (火) 16時07分

オーロラさま

ありがとうございます。参考になることがありましたらうれしいです( ̄∀ ̄)。

投稿: リカコ | 2010年11月16日 (火) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自立心の強い人と、依存心が強い人の、「犠牲的パターン」。 | トップページ | 自分の「呼びかけ」があってこそ、相手からの反応が得られる。 »