« 悪気のない行動は、カルマの法則にどう影響するのか。 | トップページ | チャンスはつかみ取る、もしくは呼び込むもの。 »

2010年9月 5日 (日)

本当の「自由」とは?

一般的な会話や思考として、「自由」という言葉を使うときには、だいたい二通りの用途で使われることが多い気がします。

ひとつは「特定の制約から解き放たれること」、そしてもう一つは、「自分の欲求のままに動くこと」を表現する場合です。

けれど、これらは、とてもせまい理解で・・・、物質的価値観による「自由」の解釈、のように私は感じます。

例えば、「特定の制約から解放される」自由として、規則を無視することや、夜中まで出歩くこと、さらに「自分の欲求を満たす行動」として、好きなだけお酒を飲むこと、欲しいものを手当たりしだいに購入することなどを想定してみたとき、これらの行動は、本当に自由といえるでしょうか・・・。

一見、羽目をはずして、大いに自由を味わっているように思えなくもないけれど、・・・よく考えると、これらの行動は、実は「大いに不自由」だと思うのです;。

夜遅くまでお酒を飲んだり、買い物をたくさんすることでしか自由を味わえないならば、その人はとても「不自由な感性で生きている」人だと感じます。

本当にたましいが自由な人は、物質的な価値観には、とらわれていません。「○○がないと自由になれない」とか、「○○さえあれば、自由になれるのに」などの、イエスかノーかの物質的な条件には、惑わされることがない人こそが、本当の自由を知っている人です。

自分のまいた種が実るという、カルマの法則がある以上、生きることには「自己責任」が伴います。どんな結果もすべて自分で受け入れる仕組みになっている、という認識をもちながら、(物質的価値観の)何をも恐れず行動することが、この世を生きる上での、大人としての「自由」だと思います。

物質的価値観から解き放たれた先に、本当の自由があります。

・・・けれど、その領域に達するのは、容易ではありません(笑)。誰にとっても、かなりの難関だと思います;。だからこその、学びなのでしょうね。自由になりたいと願い、目指していく過程が「人生そのもの」なのでしょう。

 ★ ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします。

   人気ブログランキングへ

   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 悪気のない行動は、カルマの法則にどう影響するのか。 | トップページ | チャンスはつかみ取る、もしくは呼び込むもの。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悪気のない行動は、カルマの法則にどう影響するのか。 | トップページ | チャンスはつかみ取る、もしくは呼び込むもの。 »