« チャンスはつかみ取る、もしくは呼び込むもの。 | トップページ | オーラのくもりと、体調(不良)の関連性。 »

2010年9月 6日 (月)

未知の領域に、果敢に挑んでいくのは・・・前向き?

前向きに努力をしていくこと、変化を恐れずにチャレンジをしていくことも大切さは、誰もが知っていることです。しかし、これらの表現の意味するところを、拡大解釈してしまわないよう注意が必要です。

前向きなチャレンジというのは、必ずしも、未知の領域に飛び込んでいくことではありません。

それらの行動は、一見、とっても勇気のある行動に思えてしまいますが、たとえば、可能性がとても低いことに、見通しもないまま勢いに任せて飛び込むのは、「勇気がある」というより「計画性がない」「無謀な」行動だと私は思います。

趣味など、自分が好きですることならば、自己責任の範囲において、それでもかまいませんが、生活の手段として仕事をしていかなければならない状況や、これから起業して新しい世界に踏み出していこうと考える状況において、計画性がないまま、未知の領域に飛び込んでも、その結果は、・・・だいたい予想がついてしまうと思います;。

若いうち、まだたくさんの可能性を模索している段階では、ときにそういう行動も有意義となるでしょう。

けれど、人生の中盤になり、何かを成し遂げていこうとしている段階において、未知の領域に果敢に飛び込むのは、必ずしも前向きとはいえない、世の中や自分の置かれている現状が見えていないだけ、となっている場合もあります。

当然のことながら、未知と既知を比較すれば、既知のフィールドで活躍できる可能性(あくまで確率的な可能性)は高く、未知のそれは下がります

そういう部分も「分かった上で」あえて挑むのなら、前向きと言えなくもないけれど、勢いや雰囲気だけで、大きな大転換をするのみが前向きであるかのような認識は、改めたほうがいいと感じます。

どんな場合でも、一番の判断基準は、「自分に合っているか、否か」という点です。人生の中盤になって、まったく関わったことのない分野というのは、・・・通常、縁が薄い分野だと考えたほうがいいのかもしれません。

得意なことや向いていることは、間接的にでも、人生のどこかで関わりを持っていくことが多いと思うのです。

10代、20代のうちは、人生の経験値が少ないので、自分に何があっているのかも分からないので、果敢にチャレンジして失敗することからも、自分に「合わないものを、見極められる」という利点もあります。

しかし、社会経験がある程度積まれていけば、失敗から学ばなくても、今までの経験から自分の向き不向きを見極めることは、できるのではないでしょうか。(あくまで、適性についての話であり、成功するか否かが分かるという意味ではありません)。

それぞれ個性があるわけで、適性にも違いがあり、そして人生に与えられた時間は限りがあるのだから、果敢に挑むだけが前向きとは限らない、という考え方も大切です。

 ★ ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします。

   人気ブログランキングへ

   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« チャンスはつかみ取る、もしくは呼び込むもの。 | トップページ | オーラのくもりと、体調(不良)の関連性。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チャンスはつかみ取る、もしくは呼び込むもの。 | トップページ | オーラのくもりと、体調(不良)の関連性。 »