« オーラのくもりと、体調(不良)の関連性。 | トップページ | オーラを、視覚ではなく、「感覚」で把握する。 »

2010年9月 9日 (木)

知的な学者肌オーラ、「青」と「シルバー」のビミョウな違い。

青のオーラは、真面目で冷静、分析的で正確さを重視する考え方をするので、研究職など、頭脳を使う系統の仕事にとても向いていますし、実際、学者、研究者、教職などについている方も多いです。

シルバーのオーラは、知的で好奇心があり、マニアックな独特の世界観を好むところがあり、好きなことへの探究心が旺盛です。頑固でこだわりが強い一面もあり、「その道ひとすじ」のような生き方を好むところもあるので、学者や研究者、エンジニアなどの専門職、技術職などに多い色だと感じます。

どちらも知的で、知性を活かして仕事ができるタイプなのですが、シルバーのオーラの人は、自分がそのことが好きで研究している、好きなものだからこそのこだわり、みたいな感覚を持っています。個人的な好奇心や探究心が、知性と結び付いているところがありjます。

青いオーラの人は、その点がちょっと違っていて、自分がそのことを好きであるか否かとは無関係に知性を発揮できる人が多いですね。クールで割り切りができるので、「そうすることが、必要だから」という観点から、真面目にかつ地道に取り組むことができるタイプの知性です。

「ビミョウな違い」と書きましたが、私からすると、かなり違うように思えますが(笑)、「知的な学者さん」の、知性が、どこからくるのか、好奇心や探究心からなのか、真面目さからなのか、という点が一番の差ですね。

もちろん、この2色を併せ持った人もいますし、オーラの色は複数あるのが普通なので、「オーラが○○だから、性格は××」などと、狭く決めつけるようなものではありませんので、そのつもりで参考程度にとらえてください。

 ★ ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします。

   人気ブログランキングへ

   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« オーラのくもりと、体調(不良)の関連性。 | トップページ | オーラを、視覚ではなく、「感覚」で把握する。 »

03.オーラ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。いつも拝読させていただいております。いつもナイスな記事ありがとうございますhappy02。仕事柄か、かなりシルバーの濃い人達に囲まれ過ごしていると、たまに感化され、こういうこだわりのある人達を羨ましく思ってしまいがちですcrying。仕事柄、そういうこだわりをもつ必要があるのではと思いますが、なんか無理ですね。青色っぽいオーラもあんまりないと勝手に思いつつ、真っ赤なオーラの研究者もありかなと思っていると、今朝の夢で江原さんに君は青も濃いよてきなことを言われました。これは、私のないものねだりでは、、、crying。日々精進です。

投稿: leo | 2010年9月11日 (土) 10時15分

*leoさま

そうですね、leoさんのお仕事は、まさに該当しそうですね( ̄m ̄)。ある意味、羨ましくなることもあるかもしれませんが、包括的な視点を持っている人には、その視点に合った学びや役割が与えられるのだと思います。ご苦労もあるかもしれませんが(笑)、だからこそ、その仕事の中に、leoさんが加わっている意義がある、という考え方もできますね。いろんな色をバランスよく備えたオーラになっていくのが理想的ですねsun

投稿: リカコ | 2010年9月11日 (土) 10時55分

はじめまして.時々こちらを訪問しては,その時々で気になる記事を大変興味深く拝見しています.

ある視える人によれば,私のオーラのメインカラーは青で(オーラ写真なるものを撮った時も青かったですが),記事にある通り,実際に職業も教育・研究関係です.で,その視える人によれば,私のオーラの色は,他の人よりも濃かったようなのですが,オーラの色の濃淡には何か意味があるのですか.オーラを見た彼女も「どうしてだろう?」と不思議がっていましたのでお尋ねします.

投稿: eunice | 2010年12月20日 (月) 00時24分

*euniceさま

オーラの濃淡については、こちらの過去記事に記載があります( ̄∀ ̄)。

http://lapis-lazuli.way-nifty.com/true/2010/07/post-2a3b.html

オーラは、人により濃かったり薄かったりの差異があるのが普通であり、均一の色がついているわけではないですね、色の現れ方は複雑なものです。

投稿: リカコ | 2010年12月20日 (月) 00時49分

リカコ様

いつも分かりやすい説明をありがとうございます。
シルバーとブルーの組み合わせ、大いに理解できました。
好きなものを掘り下げて探求していく、職人気質、それこそがこの組み合わせのすばらしさなのでしょうね。
他には得られない貴重な知識をありがとうございます。

投稿: ぎんばいか | 2013年6月21日 (金) 22時52分

★ぎんばいか 様

こちらの記事は、シルバーとブルーの「違い」について書いたものとなります。

シルバーとブルーの組み合わせについては、おそらく過去の別の記事にあると思いますので、ご興味があればご覧になってみてください(^^)。

投稿: リカコ | 2013年6月22日 (土) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーラのくもりと、体調(不良)の関連性。 | トップページ | オーラを、視覚ではなく、「感覚」で把握する。 »