« 「霊的視覚でとらえたもの」が、すべて「霊界からの働きかけ」とは限らない。 | トップページ | より霊的に進んでいる人が、大きな「比率」で責任を負う。 »

2010年9月22日 (水)

「自分に、合っているか」を、常に考える。

自分を高めていこう、自分を変えよう、幅を広げようと考えることは大切ですが、その際、自分に合うもの(考え方、行動など)を選ぶことが大切だと思います。

自分に合わないものを選んでしまうと、・・・合わないので( ̄∀ ̄;)、なかなかうまくいきません。

たとえば、「明るく元気に、積極性を持って生きる」ことは(一般的に考えれば)大切ですが、クールで大人っぽい性格の人が、妙に明るくハイテンションになっても、周囲の人に与える印象は、「違和感」になると思います。

「波長の法則」で、自分の持っているものと「同程度のものを引き寄せる」わけですから・・・、そうなると、うまくいかないのは分かると思います。

自分の資質や個性にあっている成長、向上の仕方というものがあり、誰もが一律、同じような(一般に、そうすべきと言われるような)振舞いをしても、必ずしも、同じ結果に繋がるわけではありません。

「自分の長所を、より伸ばしていく」ことや、「自分の短所を、補っていく」ならいいのですが(短所も、個性のひとつです)、「自分の長所を投げ捨てて、他人の長所を当てはめる」ようなことをしてしまえば、何がなんだか分からなくなるのは当然なのです。

自分でもよくわからなくなってしまうと、波長の法則で、「あいまいでよくわからないもの」が集まってきて、ますます混乱し・・・、現状をどうやって乗り越えたらよいのかも、分からなくなります。

解決や改善の方法も、自分に合わないものは思い浮かびにくいはずです。その時点で、「仕切り直しが必要かな」というふうに、方向転換を含めて、考えて行くことが必要だと思います。

自分に合っているか否かは、人の反応が鏡となって教えてくれることもあります。もしくは、内側へと向かい、深く自己分析をしてみれば、「自分自身が、一番よくわかる」ものです。落ち着いて考えてみれば、きっと、必要な答えを手にすることができるでしょう。

 ★ ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします。

   人気ブログランキングへ

   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 「霊的視覚でとらえたもの」が、すべて「霊界からの働きかけ」とは限らない。 | トップページ | より霊的に進んでいる人が、大きな「比率」で責任を負う。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「霊的視覚でとらえたもの」が、すべて「霊界からの働きかけ」とは限らない。 | トップページ | より霊的に進んでいる人が、大きな「比率」で責任を負う。 »