« スピリチュアリズムを伝える、という活動。 | トップページ | リーディングを行いやすい対象は「素直な人」と「霊感が強い人」 »

2010年9月19日 (日)

意図的に霊的な世界と関わることによる、(霊的な)消耗は大きい。

スピリチュアルなことに、意図的に関わっていくこと、たとえば、仕事にしてしまうことなどは簡単ではない、と繰り返し書いてきました。

今までは、責任の及ぶ範囲や自分自身と相手へのカルマ的な影響についての説明をしてきましたが、さらに、霊能者やセラピスト自身にかかる、(霊的)消耗度も、並大抵ではなく・・・、「難しい」というのは、そういう意味も含まれます。

平均よりも敏感なタイプの方は、人ごみが苦手だったり、調子が悪い人がそばにいると、自分まで同調して調子が悪くなったりすることがあると思います。

基本、スピリチュアルな事を仕事にしている人の感度というのは、それらの影響度が、「もっと大きい」わけです。たとえば、私の場合は、とてもコンディションが下がっている状態の方から依頼のメールが届くと、チャラーン♪と受信音が鳴ったと同時に、一気に、38度近くに発熱したりします( ̄∀ ̄:)。

直接お会いしなくても、同調しますので・・・、それはもう負荷が大きいです。が、そのくらいの感度がなければ、仕事レベルに霊能を発揮することもできないわけで・・・、この点を、完全に克服することは多分できないだろうと思います。影響を最小限にする、というのがゴールではないかと思います。

仕事を初めてまもないうちの消耗がひどいのは、霊能者本人の実力不足が原因だと思います。

私自身も、当初は、仕事を終えると発熱、また仕事を終えると発熱、という繰り返しでした。大げさではなく、一年の1/3は発熱していたような( ̄∀ ̄;)。今でこそ、かなりましにはなりましたが、それでも発熱はひどいし、首も動かなくなりますし、オーラが体からおもいっきりズレた状態;になって、しばらく寝込んだりすることも普通にあります。

キャリアがつくられていくにつれ、当初の実力不足からの影響は解消できても、今度は、キャリアにより「さらに感度が高くなってしまう」ことから、やはり(以前には感じなかった)影響を受けやすくなったりもするので、完全な克服というのはないようです。

また、未浄化なエネルギーだけの影響ではなく、後ろの方達を媒介することでも、結果として、波長は一時的に下がってしまいます。

未浄化の霊からの憑依的影響とは違いますが、後ろの方の意識を媒介することによる霊的な活力の消耗、掛かる負荷の大きさというのは、トリプルアクセルを跳ぶようなもの、かもしれません。

仕事のときなど、高いエネルギーを媒介させていただくことで、よい影響を受けることもできます。ちょっとくらいの不調は、吹き飛ぶくらい、私自身の波長が一時的に持ち上がってくれることもあります。

しかし、「そのこと」と、「基本的な活力が使われてしまうこと」とは別問題です。つまり、波長の高いスピリットを媒介するときでも、波長の低い未浄化なスピリットやエネルギーを媒介してしまうとき;でも、どちらにしても、大きな活力が必要となります。

スピリチュアルな仕事をする、というのは、それらの影響も全部ひきうけて・・・、かつ、クライアントさんに、霊的な働きかけをする行為です。大きな責任もあるけれど、大きな負荷もあります。そして、相手からどんな憑依的現象をもらってしまったとしても、「自分が、そうなってしまった」という自己責任です。

影響を最小限にするには、日々、自分自身の成長を心がけ、波長が下がる要因を見つけては除き・・・、そのくり返し以外にありません。とても地道な道のりであり、努力も必要であり・・・、お手軽な魔法のような「技」はありません。

必要もないのに、どこまでも霊の世界に踏み込んでいくのは、大変に危険を伴います。過剰な好奇心を持ってそういうことを行うと、「好奇心を伴った結果」がカルマの法則により自分に降りかかってきて、思い知らされることになるでしょう。

真理を求める気持ちと、好奇心に走ることは違います。常に自分を省みて、セルフコントロールをしていくという高い意思が大切ではないでしょうか。

 ★ ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします。

   人気ブログランキングへ

   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« スピリチュアリズムを伝える、という活動。 | トップページ | リーディングを行いやすい対象は「素直な人」と「霊感が強い人」 »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スピリチュアリズムを伝える、という活動。 | トップページ | リーディングを行いやすい対象は「素直な人」と「霊感が強い人」 »