« 自分を満たすための、少しの出費は必要経費だと考える。 | トップページ | 直感は、思考の放棄から生まれるものではない。 »

2010年8月22日 (日)

シンボリックな透視は、その透視者「独自」のもの。

透視・霊視の際に、「そのものズバリ」を見るのではなく、シンボリックな画像で、イメージが伝えられることがあります。

例えば、「ヒマワリの花が見えたら、明るい性格の人」だとか、そういう感じのものですね。

「そのもの」が映っているわけではないので、その画像と、意味の、「関連付け」が必要となります。

ある特定の人だけではなく、そのシンボリックな画像が複数の人に対して見えて、そして共通点があるならば、そこに「特定の意味」が見出されます。

この時、解釈で注意しなければならないのは、そのシンボリックな画像と意味の関連は、「透視者独自のもの」であり、すべての透視者に共通するものではない、という点です。

上記の例で言えば、「ヒマワリが見えたら、明るい性格」というのは、(例えば)私の独自の見え方、把握の仕方であり、他の人には、同じようには見えないでしょうし、関連付けの意味するところも違うのが普通です。

あくまで例え話であり、私は、ヒマワリは見えませんが(笑)。

これらの関連付け、約束事は、ガイドスピリットから伝えられるか、もしくは作り上げていくかして、把握していかなければなりません。

「そのものズバリ」の透視は、それだけの透視力を磨くのがとても大変ですが、シンボリックな遠まわし透視は、関連付けを構築していくまでが大変で・・・、どちらにしても、とても難しいことです。

|

« 自分を満たすための、少しの出費は必要経費だと考える。 | トップページ | 直感は、思考の放棄から生まれるものではない。 »

08.直感、霊感、霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分を満たすための、少しの出費は必要経費だと考える。 | トップページ | 直感は、思考の放棄から生まれるものではない。 »