« 資質や個性も、長い目でみれば平等。 | トップページ | ブログを引っ越ししました( ̄m ̄*) »

2010年8月30日 (月)

過程を含めた、「全体の仕組み」を理解することが大切。

スピリチュアルな理解とは、物事の全体を包括して理解することです。

日常のさまざまな出来事に対して、理解を深め、活用や応用を心がけていくのは大切ですが、些細なことにとらわれてしまわないよう、バランスを考えることも必要です。

理解を深めようという意欲が、違う方向に結びついて、それほど重要ではない小さなことまで、無理矢理に関連付けて、意味付けて・・・、出口が分からないくらいに「入り込んで」しまうことのないよう、正しい理解をしていくことが大切です。

たとえば、大きな木があるとして、枝の先に小さな花が咲いているとします。花にこだわって、花だけを見てしまうと、全体の様子が視界に入らず、偏った見方になってしまうことがあります。

さらには、物事を包括して理解する、というのは、木があって、何メートル先の枝に花が咲いているという、構図をとらえることではありません。

木の成長する過程に、たくさんの出来事が関わっていて、たくさんの人の手が掛けられていて・・・、その結果として今ここに、美しい花が咲いている、という、「仕組み」を含めて全体を考えることです。

霊的な現象や、目に見えない領域のことが「花」だとしたら、花が咲くに至るまでの、成長の過程をすべて踏まえた上で、花について理解することに意義があるのであり、花だけを単独でとらえ、花だけが崇高で価値あるものかのようにとらえるのは、スピリチュアルな理解ではありません。

原因や結果だけにとどまらず、それらを含めた、「プロセス」や事象の成り立つ「仕組み」をしることにより、全体的な考え方ができ、(全体を踏まえた上での)ある特定の部分についての考察に、深みが出てくるのです。

スピリチュアルな理解というのは、ある一定の範囲までは、大きく外側に広がっていきますが、ある範囲に至ると、その後は、「深まっていく」ようになります。奥行きが出てくるのです。

深まりを知ると、今までと何一つ変わることのない日常からも、いくらでも新しい刺激や気づきをえることができます。

 ★ ブログランキングに参加しています。1日1クリック、お願いします。

   人気ブログランキングへ

   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

|

« 資質や個性も、長い目でみれば平等。 | トップページ | ブログを引っ越ししました( ̄m ̄*) »

09.スピリチュアル全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 資質や個性も、長い目でみれば平等。 | トップページ | ブログを引っ越ししました( ̄m ̄*) »