« オーラの最優先事項は「明るさ」。 | トップページ | 過去の記憶が浮上してくるのは、「学びのとき」。 »

2010年7月23日 (金)

完璧主義の人が、動き出せないのは何故?

もっと先の時期にやろう、力がついてからやろう、と、考えすぎて動けない人は多いものです。そういう人達の中には、「完璧主義」的な性質を持っている方も多いです。

理想が高いのはよいのですが、そしてやる気がないわけでもないのだけれど・・・、とにかく、目指すところが高すぎて、いつまでもスタートを切れないのです。「もっと力がついて、実力が見合ったものになってから・・・」なんて考えていたら、いつまでも何も取り掛からないまま、時間だけが過ぎて、そのうち人生が終わってしまうのではないでしょうか。

完璧主義の人は、文字通り「完璧」にこだわっているのですが、この世というのは未熟な人が学ぶ世界であり、完璧というものはありません。誰もが成長して完璧(完全)を目指して学びをしていることは確かですが、この世にいる限り、完璧が達成されることはありません。

この世は、完璧(完全)を体現する世界ではなく、経験を積み重ねることで成長し、完璧に向かっていく過程の世界です。このことを取り違えれば、偏ったこだわりで、自分が自分を狭い世界に押し込めることになります。

霊的(スピリチュアル)な考え方というのは、ひとつひとつの事象にこだわることではなく、物事を広い視野で大局的にとらえることです。(ひとつひとつに、○×をつけるようなこだわりは、霊的の逆で、とても「現世的」な解釈です)

完璧主義の人の特徴も、それぞれ別個にとらえるならば、どれも素晴らしいものなのです。理想が高いことも、妥協ができない信念も、より高いものを表現しようと考えることも・・・。

けれど、それらを、大局的に包括して考える場合、「本人の細部へのこだわり」が、イコール「全体のバランスを欠く行為」となり、自分が自分の人生を歪にしてしまうこともあるのです。動くべきときに、こだわり過ぎて動けない、という点も、その要因でもあり結果でもある、最も分かりやすい事象です。

完璧ありきの考え方になると、先延ばしするしかなくなるのですが、「もっとうまくできるようになってから、実行しよう」という考えは、やる気が起きない消極さとは違って、やる気自体はあるので、逆に、問題点に気づきにくいという側面があります。

ごく普通にイメージする、行動しない人というのは、「消極的な人」だと思うのです。だから、自分で自分を考えるにあたり、自分にはやる気があるし、消極的になって動かないのではなく、高い理想も掲げているのだからと、「とにかくどんな理由があろうとも、行動をしていないという現実」を覆ってしまうのですね。

完璧主義が悪いというのではなくて、どんなことでもバランスが大切で、適度ならば素晴らしいものも、過度になったら悪影響もでる、という意味です。

他人を変えることはできないし、その権利もありませんから・・・、私がお伝えできるのは、スピリチュアリストとして、スピリチュアリズムの観点からの、「仕組み」を述べることです。

完璧主義ゆえに動けないループにはまっている人の申し上げたいのは、この世は未熟なたましいの学びの場である以上、「向上」することはできても、「完璧にいきつくことはできない」という点です。

つまり、こだわり過ぎても、「存在しないものを探している」かのように、キリがないのです。右にないものを右に探しにいき、360度まわって一周してしまうようなものです。そこで、一周したことに気づければ、模索したことにも意味があったと言えますが、一部分へのこだわりというのは、全体を見渡す視野を塞ぎますので、なかなか気づけず、何周も同じことをしてしまうのですよね・・・。

たくさんの知識や思考は、経験の進捗を底上げしてくれますが、経験なくして活かされにくいのも事実なのです。完璧にこだわって、いつまでもスタートしなければ、地道に今できることから経験を重ねている人達が、失敗をも糧としながら前に進んでいく様子を、ただ眺めていることになりかねません。

先延ばしにするのは、もうやめてもいいのではないでしょうか。そろそろ、自分のやるべきことを、見据えて「動き出す時期」ではないでしょうか。完璧なものを世の中に提供したいと思っても、それはムリな話ですし、なにより、「どこの誰が、あなたの完璧を求めているのか」を考えてみてほしいのです。そうすると分かります、完璧な自分の実力を求めているのは、「自分」なのだ、と。自分がこだわっているだけだ、と。

さらに付け加えておきます。完璧主義の人は、自分への理想追求の気持ちも実際高いのだけれど、結局、「人の目」が気になっている人が多いのです。自分の理想というオブラートにくるんでいるものの、その中身は、人から低く見られたくないとか、人に失敗する姿を見せるなんてプライドが許さないと、他人の評価を気にしています。ここで言いたいのは、他人の評価を気にすることの良し悪しではなく、「波長の法則」についてです。

波長の法則とは、同じものが引き合うという、真理の仕組みです。現時点で周囲の人を見渡して、自分の実力が完璧ではないから、比べられても遜色のない自分になってからスタートしよう、と思って向上の努力をして、それが達成されたとします。しかし、波長の法則がある以上、向上した自分の周りに集まってくる人は、以前とは別の、「今の、向上した自分の波長に見合う人達」となります。

世の中というのは、上には上がいるものです。「もっとすごい人」が、ほどなく目の前に現れるでしょう。そうするとまた、さらに向上しないと自信を持って振る舞えない・・・となり、さらには・・・と、結局どこまで登ってもきりがないのです。

つまり、完璧主義ゆえ動き出せないという事実さえも、実は見せかけの理由に過ぎない、ということです。見せかけの理由は、どこまでその条件を満たしても、事態がいっこうに改善されないのが特徴です。それは過去に何度も書いてきました。

動きだすためには、こだわりの度が過ぎている自分に気づき、納得し、どうすればこだわりが薄れるのか、についての答えを得ることなのです。それは、人によって違い、ある人は真理の仕組みを知識として知り納得することかもしれません。またある人は、別の人の経験談に心を打たれるのかもしれません。この点は、個性の数だけバリエーションがあります。

こだわり過ぎている自分に気づくことが、まずは最初の一歩なのだと思います。

|

« オーラの最優先事項は「明るさ」。 | トップページ | 過去の記憶が浮上してくるのは、「学びのとき」。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーラの最優先事項は「明るさ」。 | トップページ | 過去の記憶が浮上してくるのは、「学びのとき」。 »