« 「望んでいること」と「避けたいこと」が、並び立つ考え方を。 | トップページ | 完璧主義の人が、動き出せないのは何故? »

2010年7月22日 (木)

オーラの最優先事項は「明るさ」。

オーラは、とても精妙で奥深いものです。「私たち人間は、肉体をもった霊」という、とても複雑で神秘的な存在なので、その複雑な存在を反映しているオーラもまた複雑で、「あなたのオーラは、○○」というような、単純なまとめは不可能です。

一般によく話題になる、分かりやすい要素だけでも、明るさ、色の差、濃淡、質感、形状などがあります。これらも、とても奥深いものの一部でしかありません。

その、「一部でしかない要素」のうちで、あえてひとつ、どの要素が大切を述べるならば、私は「明るさ」だと思っています。なぜなら、オーラの色は、その人の性質や精神性があらわれますが、どの色が素晴らしくて他の色が劣っているなどの優劣はありません。単に個性の差があらわれるだけです。

他の要素もだいたい同じ解釈、けれど、「明るさ」には優劣があります。明るくないオーラ(つまり、くすんでいるオーラ)は個性がどうとかの問題ではなく、くすむ要因があってそうなっているからです。

たとえば、川は常に流れているものであるように、オーラも本来は明るく輝いているものなのです。それがくすんでいるというのは、「くすむ要因がある」からです。本来流れているはずの川に、流木が引っかかっているかのように、流れを止める要因があって・・・、明るさが損なわれている状態です。

誰もが備えている、「本来の明るさ」を発揮していくような生き方が大切です。そのためにどうすればいいか、という観点から、このブログの大部分は構成されています(一部、スピリチュアリズムの知識のみを書いているものもありますが、知識は理解と実践に役立ちます)。

オーラを明るく輝かせるには、自分を高めていくことが大切です。なぜなら、オーラの様子は、自分自身の反映だからです。

オーラを輝かせることで素晴らしい自分になれる・・・のではなく、「素晴らしい自分であるという事実が、オーラの輝きとなって表れている」のですから、そうするためのお手軽なハウツーはなく、自分をあらゆる意味で向上させていく努力や経験、感動の積み重ねをしていくことが大切なのです。

|

« 「望んでいること」と「避けたいこと」が、並び立つ考え方を。 | トップページ | 完璧主義の人が、動き出せないのは何故? »

03.オーラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「望んでいること」と「避けたいこと」が、並び立つ考え方を。 | トップページ | 完璧主義の人が、動き出せないのは何故? »