« 現状に見合った学びが、それぞれに与えられる。 | トップページ | 気を利かすためには、想像力を磨くことが大切。 »

2010年6月23日 (水)

最初は、偽善でもいい。

心の底から愛情いっぱいの、見返りを期待しない奉仕100%の気持ちで、他者のために尽くすことは、とても立派な行為です。

けれど、「他人から良く見られたい」とか、「人のために動けば、いつか自分が得できる」という考え方の、少々自分本位で、偽善的ともいえる行為であっても、それでも、何もしないことに比べれば、(できるならば)したほうがいいと私は思います。

心からのやさしさでなくても、形だけの行為でも、それで助かる人がいれば、そうするだけの意義はあると考えます。

それに、ある行為の、どこまでが純粋な善で、どこから先が偽善だとかの基準はありません。自分自身の行為を省みるときの、あくまで「自分の内で」良心的な基準として考えてみるのはいいかもしれませんが、人のすることに対して、「それは、偽善だ」なんて言うのは、余計なお世話のように思います。

もちろん、「偽善」よりも、「善」のほうが望ましいのは当然です。誰もが、そういう奉仕の気持ちになれたら理想的です。

けれど、そこまでにはなれなくても、それでも何かをしようとしている人に対して、あれこれと横から口をはさむのはおかしいと思います。

本当に心の底から、奉仕の気持ちを持って、実際に自分も行動している人は、たとえ他の人が偽善から行動していても、咎めたりはしないものです。それだけの受容力を持っている人が多いですし、たとえ偽善であろうと、行動を起こす大変さを知っていますから、その部分だけとっても認めこそすれ、批判したりはしないでしょう。

また、自分が奉仕活動をすること自体が、大きな労力が掛かりますから、必要以上に他人の行動が偽善だろうか・・・なんて、気にしてる暇もないでしょう。

結局、人のやることに対して、「偽善だ!」なんて裁く人は、自分が何もしていなくて、暇だからこそ、他の人のすることが殊更に目につくだけだと思います。そういう人に限って、偽善の行為すらしない、他人のためになど動かず、自分のことしか考えていないものではないでしょうか。

自分自身の行動を省みる場合は、「人は、結局、自分の器以上のことはできないのだから、この行為が(偽善であろうと、なかろうと)今の自分にできる最善だ」と、思えるならば、やってみればいいと思います。

世の中には、やってみないと分からないことはたくさんあります。形から入っても、その後に気持ちがついていくこともありますし、人は常に変化し成長していくものなのだから、いつか、自分ができる範囲の最上級にたどり着ければ、それで十分ではないでしょうか

|

« 現状に見合った学びが、それぞれに与えられる。 | トップページ | 気を利かすためには、想像力を磨くことが大切。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現状に見合った学びが、それぞれに与えられる。 | トップページ | 気を利かすためには、想像力を磨くことが大切。 »