« 話に乗りやすいリズム、というものがある。 | トップページ | 霊感が強い人は、呼吸が干渉されやすい傾向がある。 »

2010年6月 4日 (金)

どんな出来事も、すべて必要。

日々起こる出来事のすべては、私たちの人生において「パズルのピース」のようなものです。「ひとつの出来事」として単独で存在しているようでありながら、同時に「全体の一部」でもあり、すべてが必要な要素です。

「ある出来事:A」と、「ある出来事:B」が、隣り合って組み合わされることで、一連の過程の意味するところや、それぞれの出来事の意義が、深く理解できるようになります。

AとBのピースが、単独で存在している状態にある間は、その繋がりがピンとこないのは、まさしくパズルと同じです。ある程度、パズルが出来上がっていけば、「穴埋めの、予測」がつくようになり、作業スピードはUPしますよね。けれど、一定のラインを超えないうちは、「予測」がつきにくく、時間や労力的なロスも多くなりますし、組み合わせや置き位置を、間違うこともあるでしょう。

人生も同じで・・・、ある程度、形作られていくまでの、作業の初期段階や、それ以前の「ピース集め」段階にあるうちは、「今、自分が何をしているのか、どこに向かっているのか」が、分からなくなって、不安が生まれ、進むべき道が見えなくなってしまうことがあります。

しかし、どんなに、一見不要に見えるピースであっても、「完成」のためには、欠かせない要素であり、次のピースにたどり着くための、手掛かりの役目も果たします。

人生において、無駄な経験はないのです。(あるとしたら、経験そのものが悪いのではなく、活用することのできない(学ばない)自分がいる、ということです)。

仮に今、先が見えず・・・、霧の中を手さぐりで進んでいるような状況にあっても、いずれ、今よりも少しでもピースが集まってきて、全容が見えつつある段階になれば、「ああ、こうなっていたのか・・・。あの過去のすべてに、意味があった」と、納得できる日がきます。そこに至る前でも、「今、自分の人生のパズルが、作られている」状態に、手ごたえを感じていく場合もあります。

何がどうなっているかを詳細に言葉では表せないけれど・・・、何かが変わっていくような、後押しされてるような、「明確な根拠はないが、前に進んでいける、という確信がわいてくる」気持ちで、自分自身が満たされていくことがあります。自分のたましいの望む道と、(表面的な)自分の意思に距離がない状態、まさに一体化しているときは、とても強い確信と、そして意欲がわいてくるものです。

そういうときは、裏付けや根拠を求めたい気持ちも、なくなるものです。無理に理由や定義を作らなくても、すべてが「今、ここに集約している」感覚となり・・・、その感覚は、何よりの安心感をもたらしてくれます。

誰もが、「自分の人生」という、独自のパズルに挑んでいて・・・、大きさも種類も違う以上、他者との進捗度を比較しても、ほとんど意味がありません。参考にすることことくらいは、できるかもしれませんが・・・。

今の自分が、「どのあたり」にいるかを、意識していようといまいと、人生というパズルは着々と作られていくものです。けれど、そうはいっても、意識しているのと、いないのとでは、能動的になっていく比率などの問題で、進み具合に差が出てしまうことも事実だと感じます。

スピリチュアルな知識は、日常で実践して「知恵」に変えていくことが大切です。実践は、とても大変だけれど・・・、そうすることで、結局は「自分が、助かる」のです。

今、あなたは、「どの段階」にいるでしょうか。いまだ模索中でしょうか、それとも、手ごたえを感じ、全容を把握しつつある状態でしょうか。人生において、どんなピースも(自分が、そのピースを活用していくのだ、という自主性がある限りにおいては)意義があります。たくさんの要素を、活かしきった、充実した人生になるよう、意欲的にとりくんできましょう!

|

« 話に乗りやすいリズム、というものがある。 | トップページ | 霊感が強い人は、呼吸が干渉されやすい傾向がある。 »

10.考え方、感情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 話に乗りやすいリズム、というものがある。 | トップページ | 霊感が強い人は、呼吸が干渉されやすい傾向がある。 »